close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 ビジネス ,ワークショップ ,経営

ビジネスワークショップ:業界を数字で読み、決算を経営に活かしたい人のための数字の学びワークショップ~数字「勝」用術~

開催終了

2016.6.24 (金) 19:00-21:30

ビジネスワークショップシリーズ 第4弾!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

決算書はどのように読めばいいの?数字を理解するのに抑えておくべきポイントは?企業業績ニュースの理解を深めるために必要なこととは? コンビニ業界を事例に、一緒に考えていくワークショップです。

【この講座で学べること】
(1)正直決算書は税理士に任せっ放し・・・という中小企業の経営者や経営幹部、創業者の方にとっては、いくら儲けただけではなく数字を経営に活かすことができます。
(2)数字はどうも苦手で数字を見ると逃げたくなる、でも業績のニュースは興味がある・・・というこれから経営者になりたい方にとっては、必要最小限、これだけは理解して欲しい内容に絞ってお伝えします。

【講師からのメッセージ】
決算書の作成は税理士にお任せという経営者は多いです。また会社経営を数字でみる機会が経営者は少ないと感じています。またどのように見たら良いのか分からないという中小企業の経営者・幹部は意外に多いものです。
そこで今回は「数字の見方」を学んでいきます。経営者の視点を身につけ、また会社経営の全体について数字を通して把握できるようになります。

講義も一部ありますが、基本的にはワークショップ形式です。数字を見方を理解するという目的に向かって楽しく学びましょう。

プログラム

(1)コンビニ業界分析 財務諸表の読み方
(2)どのくらい儲かっているか?見てみよう
(3)損益計算について講義。数字をみる3つのコツ
(4)講義を受けた上で、実際のコンビニで計算してみよう
(5)まとめ

開催日時 2016.6.24(金) 19:00-21:30
対象

・中小企業事業者(経営者、経営幹部など)、小規模事業者の方
・創業に関心のある方
・決算ニュースについて理解を深めたい方 など
※中小企業事業者、小規模事業者、創業希望者の方を優先させていただきます

定員 35名
参加費 無料(交流会費として当日500円受付にてお支払いただきます)
持ち物 筆記用具・電卓
講師(公認会計士・税理士)
李 顕史 氏

一橋大商学部卒。2000年中央青山監査法人(現あらた監査法人)金融部入所。銀行、証券会社、割賦金融などで会計監査と内部統制業務を担当。2010年に李総合会計事務所設立。主に上場会社、金融会社の内部監査・経理・管理会計のコンサルティング業務を提供している。またネットメディアにも記事を執筆している。記事例は、「ワタミと鳥貴族、勢いの差はどこにあるのか」(2015年9月20日、東洋経済オンライン)など

back to top