close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 サードプレイス ,地域・地方 ,関東甲信越

【【番外編】地域のサードプレイスを考える(8月24日開催)】~神奈川県三浦市「二拠点居住×サードプレイスを考える」杉本篤彦さんの取組から~

開催終了

2016.8.24 (水) 19:00-21:00
(終了後懇親会あり)

「地域のサードプレイスを考えるシリーズ」番外編は、このシリーズの企画者でありコーディネーターである杉本篤彦自身の活動をお話しいただきます!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、「地域の人が集まり、アクションを起こす場=地域のサードプレイス」を運営されているゲストをお招きして、ワークショップを開催していきます。

ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回は、番外編。
「地域のサードプレイスを考えるシリーズ」を企画コーディネートしている、杉本篤彦(中小機構人材アドバイザー)自ら、ご自身の神奈川県三浦市での取組を「二拠点居住×サードプレイス」という切り口でみなさんと一緒に考えていきます。

杉本人材支援アドバイザーは、2015年度三浦トライアルステイ(三浦市移住促進事業)に一般参加をきっかけに、東京都内ー神奈川県三浦市で二拠点居住を開始。現在は、2016年度三浦トライアルステイ企画・運営の仕事や、三崎港近くの空家を仲間たちとリノベーションして、週末のプライベート空間とサテライトオフィス、地域のコミュニティ空間を融合したサードプレイスのデザインを模索しながら三浦で活動しています。
 
三崎港近くの空家リノベーションは8月末には完成予定。
三浦市での今までの取組と、これからの展開をみなさんとお話しながら、完成間近のまだ名もない三崎港近くのサードプレイスについて考えていきたいと思います。

二拠点居住や、自らの暮らしに根ざしたサードプレイス、神奈川県三浦市というキーワードにご興味がある方など、是非ご参加ください。

地域のサードプレイスにおける「二拠点居住」や「地域を元気にすること(地域活性化)」のあり方をみなさんと探りながら、みなさんが新たなアクションにつながる機会にしていけたらと考えています!

<今回の地域のサードプレイス>
神奈川県三浦市

プログラム

19:00~ 第一部 キーノートスピーチ
・アイスブレイク
・キーノートスピーチ
19:50~ 第二部 参加型セッション
・個人ワーク 
・グループセッション
・発表・まとめ
21:00~ 交流会

開催日時 2016.8.24(水) 19:00-21:00
(終了後懇親会あり)
対象

・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・起業に関心がある方
・二拠点居住に関心のある方
・サードプレイスに関心のある方 など

定員 20名
参加費 無料(交流会費として当日500円いただきます)
持ち物  
スピーカー・コーディネーター(中小機構 人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏

平成2年3月20日生まれ 
株式会社co-waku(http://co-waku.com)代表取締役/新虎通り賑わい施設『URTRA』(http://urtra.tokyo)ソーシャルプロデューサー/中小機構TIP*S(http://tips.smrj.go.jp)人材支援アドバイザー。
幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年2月18日に株式会社co-wakuを設立、代表取締役に就任。東京を基点に、地域・街・場作りプロデュースを行っている。2015年度三浦トライアルステイ(三浦市移住促進事業)に一般参加をきっかけに、東京都内ー神奈川県三浦市で二拠点居住を開始。現在は、2016年度三浦トライアルステイ企画・運営の仕事や、三崎港近くの空家を仲間たちとリノベーションして、週末のプライベート空間とサテライトオフィス、地域のコミュニティ空間のデザインを模索しながら三浦で活動している。週末三浦BBQを定番行事としている。

back to top