close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 まちづくり ,地域・地方

阿佐ヶ谷から世界へ、クールジャパンと街づくり『阿佐ヶ谷アニメストリート』鴨志田由貴さんの取組から

開催終了

2016.10.19 (水) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、人が学び続けることができる場づくりを毎回ゲストをお招きして、参加者のみなさんと一緒に作っていきたいと思っております。

10月19日のゲストは、「阿佐ヶ谷アニメストリート」プロデューサーの鴨志田由貴さん。鴨志田さんは、アニメの作り手とアニメファンであるユーザーが交流できるスポット「阿佐ヶ谷アニメストリート」のプロデューサーや、新宿駅周辺の公共の空間・施設、民間施設等を活用し、様々なアートイベントを開催する「新宿クリエイターズ・フェスタ」のプロデューサーとして、ご活躍中です。

今回は「阿佐ヶ谷アニメストリート」の事例、「新宿クリエイターズ・フェスタ」の事例を主に、地域戦略とマーケティング、公共政策と地方創生の現実と未来を鴨志田さんに紐解いていただきながら、クールジャパンや街づくりについて、みなさんと一緒に対話を深めていきたいと思っております。

また、大手企業との商品開発、営業戦略立案、新商品プロモーション、店舗開発、中国でのカフェプロデュース、アニメから始まる周辺カルチャーをくまなく紹介する番組Rakuten.FM「オタリス」の運営など、多岐にわたる活動をされている鴨志田さんならではの様々な「着眼点」「問い」「アプローチの仕方」から、ヒントをいただきながら、対話を通じて、みなさんの活動が一歩前進するアクションを生み出るような流れをつくっていきたいと考えております。

《阿佐ヶ谷アニメストリートとは》
阿佐ヶ谷駅のある杉並区は以前からアニメ制作会社が多い都内有数の“アニメを生む街”。この阿佐ヶ谷でアニメの作り手とアニメファンであるユーザーが交流できるスポット「阿佐ヶ谷アニメストリート」が2014年に誕生しました。作る人と観る人が集える場所として新たな交流を生み、新人クリエイターの創出に繋がる場となる新しい施設です。次世代の担い手が求められているアニメ業界の更なる活力のきっかけとして、高架下がまたひとつ生まれ変わります。

阿佐ヶ谷アニメストリート
http://www.jrtk.jp/asagaya-anime-street/

プログラム

19:00~ 第一部 キーノートスピーチ
・アイスブレイク
・ゲストトーク
19:50~ 第二部 参加型セッション
<コーディネーター>中小機構 人材支援アドバイザー 杉本 篤彦 氏
・ワークショップ
・まとめ
21:00~ 交流会

開催日時 2016.10.19(水) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)
対象

・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・クールジャパン、日本のソフトコンテンツに関心がある方
・起業に関心がある方
・街づくりに関心のある方 など

定員 20名
参加費 無料(交流会費として当日500円いただきます)
持ち物  
スピーカー(作戦本部株式会社 代表取締役 作戦本部長)
鴨志田 由貴 さん

得意分野は事業開発・メディア開発・新商品開発。
現在地方創生系の会社としてDMO設立支援の有限会社地方創発計画の取締役。また海外・インバウンド対象のフリーウェディングプランニング会社ウェディングイヴの取締役・CMO。公共空間をリデザインする団体「Re-public Initiative」(http://www.re-public-initiative.jp) に参加し、講演・セミナーをおこなっている。メディア開発方面では現在、産経新聞社 サンケイスポーツ☓作戦本部の共同事業でオタクコラムサイトを4月から開始し、既にソーシャルメディア上で話題になっているのを始め、今後2014年にJR東日本都市開発と阿佐ヶ谷アニメストリートをプロデュースした場所をリアルメディアとし、Webとリアルとのコラボメディアを開始する。また新宿区で2011年から行われている「新宿クリエイターズ・フェスタ」ではプロデューサーをおこなっている。