close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 サードプレイス ,ローカルメディア ,地域・地方

【第8回 地域のサードプレイスを考える】~『リアルにつながる』東京都足立区千住「インターネット放送局Cwave」&「Puedo Bar(プエド バル)」植村昭雄さんの取組から~

開催終了

2017.1.11 (水) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)

第8回地域のサードプレイスシリーズ、ゲストは東京都足立区千住の植村昭雄さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

今回の地域のサードプレイスは、ゲスト植村さんが東京都足立区千住にて運営されている「インターネット放送局Cwave」と日本全国の美味しいものとその生産者の“物語”をが 食べられるレストラン「Puedo Bar(プエド バル)」がメインテーマです。

 植村さんは、インターネット放送局を、自己表現をしたり、リアルに人と人とがつながり、 化学反応が起きたり、そこから新しい何かが生まれるためのツール(道具・ きっかけ)だと考え、実際に放送局を開設されて、基本的にすべての番組は公開生放送(観覧可)で収録されています。

  また「Cwaveの番組で発信したことをきっかけにバルで美味しいものを食べながら具体的につながってほしい、そんな場を提供したい」という思いから、放送局(7階)のあるビルの1階にPuedo Bar(プエド バル)という 梅酒100種飲み放題、東北など日本全国の美味しいものとその生産者の物語をが 食べられるレストランをオープンされました。

 そんな植村さんがプロデュースするインターネット放送局と飲食店が組み合わさったワクワクする千住の駅前ビルが今回の舞台となります。 

 地域のサードプレイスにおける「ローカルメディア」という視点、「足立区千住」や「地域を元気にすること(地域活性化)」のあり方をみなさんと探りながら、みなさんが新たなアクションにつながる機会にしていけたらと考えています!

プログラム

19:00~ 第一部 キーノートスピーチ
・アイスブレイク
・ゲストトーク
19:50~ 第二部 参加型セッション
・個人ワーク 
・グループセッション
・発表・まとめ
21:00~ 交流会

開催日時 2017.1.11(水) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)
対象

・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・自分の街をより知りたい方
・自分の街との関わり方を考えている方
・サードプレイスに関心のある方   など

定員 20名
参加費 無料(交流会費として当日500円いただきます)
持ち物  
ゲスト(株式会社CAN 代表取締役/Cwave局長)
植村 昭雄 さん

大原簿記学校の講師として10年勤めて30歳になった頃、違うことをやってみたいと思うようになり、33歳の時にこれからの日本の人口統計などを考え、介護系の仕事に就くために柔道整復師の学校に入学する。また、同時期に簿記や財務に関して書籍の執筆やセミナーなどの講座運営の依頼が来るようになり、個人事業主をへて1年後の34歳の時に株式会社CANを設立。2015年4月に電源が自由に使える「できるCafe」と東北の食材を中心に日本の後世に残したい食材を提供する「PuedoBar(プエドバル)」をOPEN。