close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 ものづくり ,中部 ,地域・地方

満員御礼【連携イベント】歴史あるものづくりのまち〜富山県高岡市の今と未来〜

開催終了

2017.2.14 (火) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

北陸新幹線の開業により、ぐっと身近になった富山県。

 新高岡駅がある富山県高岡市は、江戸時代から銅器、漆器、菅笠などの製造が盛んなものづくりのまち。明治以降は、アルミ、金属加工、製紙、化学、医薬品等の近代産業が育っており、みなさんの知らないところで、生活のあちらこちらに「Maid in 高岡」の商品が入り込んでいます。

高岡に行くと、ものづくり体験ができる工房に気軽に行け、さらに毎年秋には、クラフトに親しむことができる一大イベントが開催されているなど、実は、国内でも有数の”ものづくりを体感できる”「ものづくりのまち」なのです。

今回は、高岡に400年伝わる鋳造技術に革新的なアイデアを加え新たなものづくりに挑戦し続けている株式会社能作の能作克治社長を中心に、高岡のものづくりにゆかりのある方々の話から、高岡の伝統工芸の今と未来を感じていただければと思います。

【主催】高岡市/中小機構

プログラム

1 ものづくりトーク(伝統工芸だからできること、高岡だからできること)
・株式会社能作 代表取締役社長 能作克治さん
・高岡ゆかりの方からのプロローグトーク
・コトノオト 代表 上野賀永子さん
 (高岡市生まれ。ライターとして、地方でクリエィティブを生業とする生活)
・㈱枻出版   林 尚史さん
 (高岡市生まれ。Discover Japanの編集を担当し、全国のものづくりに携わる)
2 トークセッション&参加者との対話

開催日時 2017.2.14(火) 19:00-21:00
(終了後交流会あり)
対象

・ものづくりに関心のある方
・地域での暮らし・仕事に関心のある方、UIターンに関心のある方
・地域再生、地方創生に取り組んでいる方、関心のある方
・転職、就職を考えている方
・学生及び大学の就職担当の方 など

定員 55名
参加費 無料(終了後の交流会費として1000円を当日いただきます)
持ち物  
ゲスト(株式会社能作 代表取締役社長)
能作 克治 さん

福井県出身。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。新聞社勤務を経て能作へ入社。2002年株式会社能作 代表取締役就任。
2003年に錫(100%)の鋳物 主にキッチンウエアの製造を開始し、2004年にはオリジナルデザインの真鍮風鈴が松屋の「デザインコレクション」に選定、錫(Tin)シリーズ・真鍮風鈴が富山プロダクツに選定される。数々の賞を受賞しており、第一回「日本で一番大切にしたい会社大賞」審査員特別賞、富山県「第一回中小企業元気とやま賞」、日本鋳造工学会「 castings of the year賞」、「第5回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞」、三井「ゴールデン匠賞」グランプリ、など。

ゲスト(コトノオト 代表)
上野 賀永子 さん

高岡市生まれ。ライターとして、地方でクリエィティブを生業とする生活。

ゲスト(株式会社 枻出版)
林 尚史 さん

高岡市生まれ。Discover Japanの編集を担当し、全国のものづくりに携わる。

back to top