close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 UIJターン ,ものづくり ,ワークショップ ,北陸

【共催イベント】いしかわ発ローカルビジネスの魅力体験イベント

開催終了

2017.7.4 (火) 19:00-21:00
 

"いしかわ"を「見て」、「聴いて」、「触れて」、「嗅いで」、「味わう」イベントです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

石川県ときいて、みなさんはどのようなイメージを思い浮かべますか?
兼六園や近江町市場に代表される古都・金沢、輪島塗や加賀友禅、水引などに代表される伝統工芸、日本酒や加賀野菜など・・・

そんな石川県のイメージの中から、今回は「伝統工芸」「酒」「自然」とそれに関わる「人」にフォーカスして、
リアルな”いしかわ”、”いしかわ”ならではのローカルビジネス”をお伝えします。

五感でリアルな”いしかわ”を感じるプログラムです。
 *「見る」       豊かな自然等の映像
 *「聴く」「対話する」 ”いしかわ”で活動する3人の実践者のトークセッションと参加者との対話
 *「触れる」      水引を使った小物づくり体験と展示
 *「嗅ぐ」「味わう」  数馬酒造の地酒「竹葉」や梅酒、地サイダー

北陸新幹線で2.5時間と、これまで以上に身近になった”いしかわ”。
ご出身の方はもちろんのこと、
”いしかわ”が気になっている方、
これまであまり”いしかわ”に触れたことのない方、
まず東京で、気軽に感じてみませんか?

主催:公益財団法人石川県産業創出支援機構
共催:独立行政法人中小企業基盤整備機構

プログラム

18:30-19:00 開場

19:00-19:05 開演・オープニング

19:05-19:50 金沢の伝統工芸「水引」での小物づくり体験
株式会社自遊花人 代表取締役社長 廣瀬 由利子 氏

19:50-21:00 意見交換会・交流会 ~リアル"いしかわ"談(仮)~
株式会社自遊花人 代表取締役社長 廣瀬 由利子 氏
http://www.jiyukajin.net/

数馬酒造株式会社 代表取締役社長 数馬 嘉一郎 氏
https://chikuha.co.jp/
https://chikuha.co.jp/shop/

写真家 中 乃波木 氏(いしかわ観光特使)
http://nohagi.com

開催日時 2017.7.4(火) 19:00-21:00
 
対象

・いしかわに興味のある方
・地域に関わることに関心のある方
・地域独自の強みを活かしたビジネスに興味がある方

定員 30名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(株式会社自遊花人 代表取締役社長)
廣瀬 由利子 氏

1967年石川県金沢市生まれ。
1999年ニュージーランドなどで水引の展示とワークショップ開催を皮切りに石川 国際交流サロンにて水引展開を定期的に開催し、2012年「革新的ベンチャービジ ネスプランいしかわ」最優秀起業家賞受賞、2014年プレミアム石川ブランド認定など多数の受賞あり。 伝統の水引を現代感覚でアレンジした『和のこころ・和のかたち』をコンセプト に、日本人のもてなしの心を、「水引」を使って「かたち」にあらわし、それを 文化として残すことの意義を考えながら制作しております。「水引」の持つ魅力 をここ金沢から日本全国へ、さらには世界への展開を目指します。

ゲスト(数馬酒造株式会社 代表取締役社長)
数馬 嘉一郎 氏

1986年、石川県能登町生まれ。2009年玉川大学経営学部卒業後、東京都内の株式会社ソリューションにてコンサルティング営業、2010年株式会社スペースアップにてリフォーム案件の営業を経て、2011年にUターンして24歳で数馬酒造代表取締役就任。能登の米と水にこだわって酒造りをしているほか、耕作放棄地を復田し、そこで栽培された酒米で日本酒を造る「N-project」を立上げ、これまでに東京ドーム4個分の耕作放棄地を復田した。

ゲスト(写真家・いしかわ観光特使)
中 乃波木 氏

1979年 東京生まれ。幼少期はインドネシア、芦屋と移り住む。13歳の夏に母と 二人で能登に移住したことから能登の原風景に魅了される。石川県立工業高校工 芸科で伝統工芸を学び、東京造形大学写真専攻を卒業後、広告制作会社amana写 真部に入社。アシスタントを経て2002年に独立。2007年に写真集「Noto」出版 (FOIL刊)し初個展「Noto」をFOILギャラリーで開催。2010年から現在まで季刊 誌「能登」にてフォトエッセイ「大波小波」を連載中。写真家としての活動を軸 にイラストレーター、文筆、ムービーカメラマンとしても活動している。いしか わ観光特使、能登町ふるさと大使、キリシマツツジ親善大使を兼任。2015年より 石川県在住。