close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ビジネス ,経営

満員御礼【第6回】ワークショップ「愛され必要とされる企業になる瞬間」クルミドコーヒー 影山知明さん

開催終了

2017.8.30 (水) 19:00-21:15
 
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

※定員を超えるお申込みをいただいたため、締切とさせていただきました。キャンセル待ちは受付けておりませんのでご了承ください。万一再募集する際にはこちらのページにて告知・受付させていただきます。

これからの時代、中小企業が生き残っていくためには、愛され必要とされる企業になる必要があります。
TIP*Sでは、愛され必要とされる企業の経営者を実際にお呼びして、過去にどのような経営判断をおこなってきたのかをファシリテーターとともにヒヤリングしながら、みんなでその要因を抽出し共に語り合う場を持っています。

第6回目のゲストはクルミドコーヒーの影山さん。JR中央線・西国分寺駅前にあるカフェ「クルミドコーヒー」を経営されている影山さんですが大学卒業後外資系コンサルティング会社のマッキンゼーに入社し、その後ベンチャーキャピタルの共同創業を経て、カフェをオープンするに至っております。

コーヒーやこだわりのメニューと、最高に居心地のよい空間が人気を博し、乗降者数が少ないこの駅で、2013年に「食べログ」のカフェ部門で全国1位に輝いています。カフェの運営のほか、出版社「クルミド出版」として書籍を刊行したり、地域通貨を流通させるなど様々な取り組みを行われています。カフェを訪れたことがある方々も多いと思いますし、また影山さんの著書「ゆっくり、いそげ」を既に読まれた方もいらっしゃるかとおもいます。

影山さんとお会いしていつも思うのは、クルミドコーヒーがそのような愛される空間になっているのは、影山さんがとても愛にあふれたひとであり、影山さんが見ている世界がいま、とても求められているんだと実感するのです。

いつもどおりに、影山さんに色々と質問をしながら、愛される企業になる瞬間を発見したいとおもっています。

開催日時 2017.8.30(水) 19:00-21:15
 
対象

中小企業・小規模企業の経営者・管理者、社員の方
今後、中小企業で働きたいと考えている方
欲しい未来を実現するために、起業を検討されている方 など

定員 65名
参加費 1000円(事前決済)
持ち物  
ゲスト
影山知明 さん

クルミドコーヒー店主
1973年東京都国分寺市生まれ、愛知県岡崎市育ち。
大学卒業後、経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、独立系ベンチャーキャピタルを共同創業。総額30億円のファンドを立ち上げ、投資先とリスク/リターンを共有した事業開発に従事。
2008年、空き家となった生家を建て替え、多世代型シェアハウス『マージュ西国分寺』をオープン。1階には、こどもたちのためのカフェ『クルミドコーヒー』を開業。2017年にはとなり駅の国分寺に、2店舗目となる『胡桃堂喫茶店』をオープンさせた。
NHKテレビ NEWS WEB の第4期ネットナビゲーター(2015-16年、火曜日担当)。
ミュージックセキュリティーズ株式会社取締役。
著書に、『ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~』(大和書房、2015)。

ファシリテーター(ビジネスコミュニティー・カタリスト)
タジマ タケシさん

大学卒業後、通信キャリアを経てパタゴニア日本支社にパートタイムとして入社。同年社員になり、その後通信販売を中心としたダイレクトマーケティング部署にてマネジメントを担当。様々な環境保護活動にも携わる。
パタゴニア勤務の傍ら「ビジネスを通じて社会を変える」ことを理念に、ビジネス・コミュニティーディレクターとして、企業理念やビジョンの立案から、マーケティングブランの立案・推進を行う「フルクラム」というサービスを実施。企業変革をサポートする伴走者として日々取り組んでいる。
また、変化の激しいこの世界の中で、資本主義の次を共に考え行動するコミュニティー「home」を運営。毎月のセッションを通じて、欲しい未来を創りたい人々の宿り木となる活動を続ける。
2016年12月に約20年勤務してきたパタゴニアを退社し、人口約1500名の岡山県西粟倉村を拠点としたA0(エーゼロ)株式会社へ入社。