close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ビジネス ,ビジネスワークショップ

【満員御礼】<ビジネスワークショップ (Basic・実践編)>商品やサービスを「伝えること」を設計する!~「顧客に何を伝えるのか」の考え方と方法を理解し、「自社が伝えること」を作成する~(全2回)

開催終了

2017.9.5 (火) 19:00-21:00
(第2回:9.12(火) 19:00-21:00)
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

どんなにすぐれた商品やサービスでも、それが伝わらなければ、お客さまにとっての価値にはなりません。 そして伝わるかどうかは、「どう伝えるか」以上に、「何を伝えるか」で決まります。 この「何を伝えるか」は、自社の商品だけを見ていても生まれません。

伝えたい相手によって、伝えるべきことは変わるからです。より良く伝わるコミュニケーションを設計するには、顧客との関係性から考える必要があります。

ワークショップ1日目は、「伝える相手が変わると何が変わるのか」を、事例を通して理解します。またシンプルなシートを使って、自社の商品やサービスの情報を整理していきます。これを基に次回までの課題として、「自社が伝えること」を考えてきてもらいます。

2日目は仕上げた課題を持参し、発表。参加者からの意見を参考にブラッシュアップしていきます。 目指すゴールは、「伝えること」をどのように設計するのかについて、その基本的な考え方と方法を理解できるようになること。そして自社の商品やサービスが「伝えたいこと」を一緒に考え、ヒントを掴むことです。

※7月25日開催の「商品やサービスを「伝えること」を設計する!」を受講された方にとっては、学んだことをより深め、自社の商品やサービスに落とし込むことで実務につなげることができます。 初めて受講される方も、その基本的な考え方と方法をお伝えしていきますので安心してご受講いただけます!

<第2回日程> 9月12日(火) 19:00~21:00

プログラム

1日目
〇価値はモノの見かた次第
〇考え方のフレームワーク
〇自社の商品やサービスの情報を整理する
2日目
〇自社の商品やサービスの情報を整理する(続き)
〇「伝えたいこと」を考える

開催日時 2017.9.5(火) 19:00-21:00
(第2回:9.12(火) 19:00-21:00)
対象

・中小企業・小規模事業者の方  (経営者、経営幹部、管理者、販売・マーケティング担当の方)
・創業者、創業希望者の方
※士業、支援者、研修、コンサルタント等企業や地域を支援する立場の方を除く
※創業希望の方は備考欄にその旨と簡単に創業予定内容を入力の上お申込みください

定員 25名
参加費 2000円(事前決済)
持ち物  
講師(コミュニケーション・プランナー)
岩井 琢磨 氏

早稲田大学大学院商学研究科修士課程(MBA)修了。
インストアプランナー、アカウントプランナー、ブランドコンサルタント、企業コミュニケーションセンター・センター長などを経て2016年から現職。
これまで製造業・流通・サービス業界・教育業界で、企業再生、事業戦略策定、ブランド戦略および企業広報の策定・実行支援などの部署横断プロジェクトにコンサルタントとして参画している。

著作:「ゲームチェンジャーの競争戦略」日本経済新聞出版社(共著)・「物語戦略」日経BP社(共著)
論文:「これからの広告を生み出す広告会社の組織デザイン」第38回日本広告業協会論文銅賞 他
日本マーケティング学会会員・マーケティングサロン委員、日本広報学会会員