close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 ワークショップ

LEGO®SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用した半期を振り返るワークショップ

募集中

2017.9.14 (木) 19:00-22:00
 
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

レゴ®シリアスプレイ®メソッドと教材を活用したワークショップは、スイスのIMD、米国のMIT Media Lab、Tufts大学等の協力を得て、2001年、デンマークのレゴ社が開発した手法です。 一番の目的は、後ろに寄りかかってしまうような会議から全員が前のめりになる会議にデザインしていくことができるところです。

ビジネス上の問題解決には、論理を尽くした議論を優先しがちです。各人の感性:「心」で考え直し、感性で捉えたことをまた論理で考えてみる、この相互作用が問題解決を効果的に促進します。

シリアスプレイ®は、遊びと学びの融合の中に、問題解決のプロセスを巧みにおり交ぜた、「新しい学びの道具」といえます。大人でも子供でも、世代や上下関係を超えて、参加できるのが特徴です。 これまでNASAを初め、戦略コンサルティング会社、シンクタンク、広告代理店、医療機器・製薬メーカー、エンジニアリング会社、商社、大学・大学院等において活用されてきました。

このような特徴を持つレゴ®シリアスプレイ®のメソッドを活用し、ご自身の半期を振り返るワークショップを実施します! 年度後半を迎える前に、一旦前半を振り返る機会を持ってみませんか?これまでと違う方法で振り返ることで、新たな気づきや学びがあると思います。

開催日時 2017.9.14(木) 19:00-22:00
 
対象

・レゴシリアスプレイの手法を活用したワークショップに関心のある方
・考えを内省して自分らしく過ごしていきたい方
・半期を振り返り後半をどう過ごすかを改めて考えたい方

定員 20名
参加費 2000円(事前決済)
持ち物  
ファシリテーター(特定非営利活動法人bond place 代表理事/LEGO®SERIOUS PLAY®メソッドと教材を活用したWS ファシリテーター)
小笠原 祐司 さん

山梨県山梨市出身
大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを年間50回以上行う。大学院修了後、人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2016年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。年間180回のワークショップ、ファシリテーションを実施。
山梨県と東京の二拠点をベースに、二地域のワークスタイルを実践中。