close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 地域 ,地域・地方

【共催イベント】あしもと逸品プロジェクト月例会議

開催終了

2017.9.20 (水) 18:00-20:00
 

作り手と売り手を「つなぐ」

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

あしもと逸品会議は、2013年より、高知県高岡郡四万十町で道の駅とおわを運営する株式会社四万十ドラマ代表の畦地履正さんの 声がけでスタートしたプロジェクトです。

当初、作り手と売り手をつなぐ為の新たな可能性を生み出す会議として始まりましたが、今では一社ではできなかった、わからなかった、やりきれなかった企画・デザイン・生産・流通において、総合的にアイディア・コラボレーションが次々と生まれる会議に発展してきました。

最新の取り組みの共有、新たな販路の獲得や拡大、そして企業間コラボ商品の開発などが毎年数多く行われてる場に皆さんも集ってみませんか。

 

主催:あしもと逸品プロジェクト事務局
共催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構

プログラム

・テーマ別発表
・プレゼン
・コラボ報告
・新参加/久しぶりな方の近況報告

開催日時 2017.9.20(水) 18:00-20:00
 
対象

あしもと逸品プロジェクト会員及び地域食品中小生産者と同領域での活動者

定員 70名
参加費 3000円
持ち物  
代表
畦地 履正(あぜち りしょう)さん

株式会社四万十ドラマ 代表取締役
昭和39年、高知県高岡郡四万十町出身。
高知市内の高知東高校を卒業、地元の通 信関連企業に入社。
昭和62年に四万十に戻り、十川農協(現高知はた農協)に勤務。
平成6年、四万十川流域町村(旧大正町・十和村・西土佐村)
の出資により設立された 第3セクター『株式会社四万十ドラマ』
が1名の常勤職員を全国公募し、その職員として手を上げ採用される。その後、“四万十川に負担をかけないものづくり”をコンセプトに
地域と密着した自然循環型企業としての事業展開に従事する。
そして平成19年、道の 駅『四万十とおわ』の指定管理者として
運営が始まる。
同年、代表取締役に就任し現在に至る。