close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ビジネス ,経営

【増員しました】【第9回】ワークショップ「愛され必要とされる企業になる瞬間」―ウエダ本社代表取締役社長・岡村充泰さん

開催終了

2018.2.6 (火) 19:00-21:15
 

京都という街を切り口に深掘りしながら、愛される企業になる要因を抽出していきたいと思います。ぜひ一緒に京都で起きていることを感じてみませんか。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

「愛される企業とは?」みなさまは質問されると、どのような企業を思い浮かべますか?

これからの時代、中小企業が生き残っていくためには、愛される企業になれると希望が広がります。TIP*Sでは、そのような企業の経営者をお呼びして、過去にどのような経営判断をおこなってきたのか、これからどう歩むのかをファシリテーターと共に、その愛される要因を抽出し、語り合う場を定期的につくっています。

第9回目のゲストは京都にあるウエダ本社の代表取締役・岡村充泰さんです。「働く環境の総合商社」をコンセプトに、オフィスを中心に働く「場」やそれを取り巻く環境のプロデュース事業・リノベーション事業を展開しています。

1999年に赤字の本業建て直し役としてウエダ本社非常勤取締役になった岡村さん。その後専念するために代表取締役副社長としてリストラクチャリングを本格化、2002年ウエダ本社代表取締役社長に。そして新ウエダ本社として第二の創業を図り現在に至ります。

ウエダ本社のウエダビルは、ソーシャルデザインの拠点として様々な空間があり、多様な人が日々集っています。

さらに、10年前から「京都流いい会社とは」を考える3日間のイベント「京都流議定書」(http://kyotostyle.jp/katsudo/kyotoryu/)を開催、そこから多くの出会いや取り組みがスタートしています。

まさに、岡村さんは、京都ではソーシャルインキュベーション界隈における中心人物のひとりで、何かあったら相談にいく駆け込み寺のような存在になっているのです。

岡村さんの第二創業に至るまで、社員とともに歩んできた道、これから歩もうとしている道をお聞きするのも楽しみですが、京都という街を切り口に深掘りしながら、愛される企業になる要因を抽出できることが楽しみです。

ぜひ一緒に京都で起きていることを感じてみませんか。

開催日時 2018.2.6(火) 19:00-21:15
 
対象

中小企業・小規模企業の経営者・管理者、社員の方
今後、中小企業で働きたいと考えている方
欲しい未来を実現するために、起業を検討されている方 など

定員 30名
参加費 1,000円(事前決済)
持ち物  
ゲスト
岡村 充泰 (おかむら みつやす)さん

1963年8月30日京都市生まれ。1986年、繊維専門商社である瀧定株式会社入社、ヤングレディースの服地部隊で企画販売を担当。1994年独立し有限会社エムズカンパニー設立。
縦割りになっている業界、商社等に出入りし、営業代行、事業開発、貿易業務等を担う。
1999年長年赤字の本業建て直し役として株式会社ウエダ本社非常勤取締役就任。
2000年ウエダ本社に専念する為、代表取締役副社長に就任、ウエダ本社のリストラクチャリングを本格化。この年同時にIT業界との連携の為、クニリサーチインターナショナル株式会社の非常勤取締役に就任。2002年ウエダ本社代表取締役社長就任、翌2003年子会社であるウエダシセツ株式会社を統合し、新ウエダ本社として第二の創業を図り、現在に至る。        
2008年創業70周年を記念に、価値観の変革を訴えて行なった京都流議定書イベントは、その後もソーシャルイノベーター達の飛躍の場としても継続し、今年10回目を迎える。

主な公職:(一社)京都経済同友会常任幹事
(公財)京都産業21理事
(公財) 信頼資本財団 理事
    (公社) 下京納税協会 理事
     京都府「京の食」産業振興プラン検討委員
     京都市地球温暖化対策推進委員会委員

ファシリテーター(ビジネスコミュニティー・カタリスト)
タジマ タケシ さん

大学卒業後、通信キャリアを経てパタゴニア日本支社にパートタイムとして入社。同年社員になり、その後通信販売を中心としたダイレクトマーケティング部署にてマネジメントを担当。様々な環境保護活動にも携わる。
パタゴニア勤務の傍ら「ビジネスを通じて社会を変える」ことを理念に、ビジネス・コミュニティーディレクターとして、企業理念やビジョンの立案から、マーケティングブランの立案・推進を行う「フルクラム」というサービスを実施。企業変革をサポートする伴走者として日々取り組んでいる。
また、変化の激しいこの世界の中で、資本主義の次を共に考え行動するコミュニティー「home」を運営。毎月のセッションを通じて、欲しい未来を創りたい人々の宿り木となる活動を続ける。
2016年12月に約20年勤務してきたパタゴニアを退社し、人口約1500名の岡山県西粟倉村を拠点としたA0(エーゼロ)株式会社へ入社。