close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 イベント ,地域 ,地域・地方

【増員しました】ローカルプレイヤー視点で地域との多様な「関係性」を考える@TIP*S~地域・働き方・暮らし方×関係人口~

開催終了

2018.4.11 (水) 19:00-21:00
 

「ローカルプレイヤー視点で地域との多様な「関係性」を考える」第0回がスタートです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、地域・まちづくり・拠点づくりをテーマにした企画を、2016年5月から水曜日に60回近く開催してきました。

それぞれの地域に真摯に関わるゲストと対話していく中で、ゲストのみなさんに共通する魅力は、「自分たちが関わる大好きな地域の魅力を、自ら行動することによって UPして、自身の仕事や暮らしをより豊かにする姿」だと感じています。

近年、「その地域に現在居住はしていないものの、継続的な関わりがある人」を指す「関係人口」という言葉が生まれ、注目を集めています。

上記に登場した魅力あるゲストの方の中には、関係人口の1プレイヤー(都市と地方を行き来する人)として活動している方が数多くおられました。

また、参加者のみなさまにも、まさに関係人口の1プレイヤーとして活動したいと考えている方がいらっしゃいます。

そこで、今後、TIP*Sでは、「地域」「仕事」「暮らし」を切り口に、2018年のキーワードとなりつつある「関係人口」の「1プレイヤー」としての可能性を探ります。

第0回は、 地域との多様な「関係性」にフォーカスすることによって、『参加者自身の働き方・暮らし方』を整理する・より良くするための実践ヒントを持ち帰る場を作りたいと考えております。

前半は、これまでTIP*Sに登壇されたゲスト事例を紹介しながら、後半は、グループワークで皆さんと関係人口について因数分解をしながら、参加者それぞれの活動のヒントになるピースを探っていきます。

プログラム

Ⅰ アイスブレイク
Ⅱ TIP*S登壇ゲストの活動振り返り 「ゲスト事例から1プレイヤー視点の関係人口」 
スピーカー 中小機構人材支援アドバイザー 杉本篤彦
Ⅲ QA 参加者グループワーク「自分ごとで考える関係人口の可能性」

開催日時 2018.4.11(水) 19:00-21:00
 
対象

・実際に活動をしている方と、実践的な学びをしたい方
・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・働き方・暮らし方を見直し中の方
・自分の街をより知りたい方
・自分の街との関わり方を考えている方
・関係人口に関心のある方 など

定員 30名
参加費 無料
持ち物  
スピーカー・コーディネーター(中小機構 人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏

1990年横浜生まれ、株式会社STORY所属/中小機構TIP*S人材支援アドバイザー。幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年9月10日に株式会社STORYを設立。東京を基点に、街づくり・拠点開発・プロモーション事業を展開中。東京都内-神奈川県三浦市にて二拠点居住。現在の関心事は、事業プロデュース・DMO/MICE・自宅の家具作り。