close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 サードプレイス ,地域

地域のサードプレイスを考える 〜登壇ゲストの奮闘記編〜東京都国立市『暮らしに近いものづくり拠点Chika-ba[ちかば]』西川義信さんの今

開催終了

2018.5.16 (水) 19:00-21:00
 

第3回目のゲストにお招きした『Chika-ba[ちかば]』西川義信さんが再登場です!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、「地域の人が集まり、アクションを起こす場=地域のサードプレイス」を運営されているゲストをお招きし、ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回は2016年7月に第3回目のゲストにお招きした『Chika-ba[ちかば]』西川義信さんが再登場!
オープンから数年経過した暮らしに近いものづくり拠点Chika-ba[ちかば]で、今までどのような「人」が集い、どのような「もの」が生まれ、どのような「こと」が起こったのか。

地域作り・人作り・もの作りの現場の様々なエピソードを、ゲスト西川さんにお聞きしながら、
「地域作り・人作り・もの作り」から「持続的な拠点運営」に至るまで、幅広く皆さんと気づき・学びを共有して行きたいと考えております。

<今回の地域のサードプレイス>
Chika-ba[ちかば]
http://chika-ba.com/
https://www.facebook.com/yaho.chikaba/
カフェではありません。
レンタルスペースともちょっとちがう。
共感がうまれる場所、未来に広がるキッチン。

地元の野菜でジャムやピクルスをつくったり、
木や革や紙でものづくりをしたり。
わたしたちの暮らしに寄り添う、
みんなで活用するつくる場です。
「つくる」をキーワードに
世代を超えて多彩な人々が集い、
いっしょにつくり、試し、過ごせたら、きっと楽しい。
国立のものづくり活動拠点として、
人と地域をつないでいきたい。

谷保の近くの地下にある、暮らしに近いものづくり拠点です。

開催日時 2018.5.16(水) 19:00-21:00
 
対象

・ゲスト・Chika-baの取り組みに興味のある方
・西東京エリアに興味のある方、何かしたいと思っている方
・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・自分の街をより知りたい方、関わり方を考えている方
・サードプレイスに関心のある方
・もの作りに関心のある方 など

定員 20名
参加費 無料
持ち物
ゲスト(Chika-baオーナー/会社員など)
西川 義信 さん

1977年に滋賀県甲賀市で生まれ育ち、国立市で妻と2人の子供と暮らしている。
航空宇宙分野の技術営業を経た後、IT業界でミッションクリティカルなシステム開発に携わる。
現在は会社員として製造・物流業のAI/IoTコンサルタントを務めながら
国立市でものづくりコミュニティと働き方を模索する「Chika-ba[ちかば]」のオーナー、木工クラフトのためのシェア工房「クミタテ」、立川市でものづくりと創業の学び舎「Tschool〔ツクール〕」の代表など、
いくつかの草鞋を履く。

コーディネーター(中小機構 人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏