close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 地域 ,地域活性 ,関東

第26回地域のサードプレイスを考える神奈川県横浜市『753プロジェクト』関口春江さんの取り組みから

開催終了

2018.6.6 (水) 19:00-21:00
 

関口さんの活動内容や今後の展望をお聞きしながら、『ヒト・モノ・コトをつなぐ仕組みづくり』について、みなさんと学びを深めていきたいと思います。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、「地域の人が集まり、アクションを起こす場=地域のサードプレイス」と関連するゲストをお招きし、ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回のゲストは、神奈川県横浜市緑区の関口春江さんです。

2013年、「753cafe/shop/gallery」として、自然農法農家とのワークシェア、手作り醤油の活動、森の中で子育てする自主保育活動などを実践していた友人たちが集まり、活動をスタート。週末3日間のみの営業から開始する「753プロジェクト」が始動しました。地主さんと関わり合いながら地域に根差すことへ積極的に挑戦しています。

2015年、カフェ部門は「菌カフェ753」として発酵食をテーマにリニューアル。NHK・Eテレ「ふるカフェ系ハルさんの休日〜中山編」の舞台となりました。同年には、大規模マルシェ「大753市」を開催し、出展数50店舗、来場者数1000人の目標を達成し、より地域に根ざした活動へ発展しています。

現在は、カフェ以外にも、地主さん所有の空き物件の相談を受け、活用を模索したり、マルシェを通じて、自然な流れで利用が始まるよう機会を提供しています。現在は3組のマルシェ出展者が営業を開始。現在、募ったメンバーとリノベーションを行い、シェアオフィス運営の準備をしています。

そんな関口さんの活動内容や今後の展望をお聞きしながら、『ヒト・モノ・コトをつなぐ仕組みづくり』について、みなさんと学びを深めていきたいと思います。

プログラム

19:00~ 第一部 キーノートスピーチ
・アイスブレイク
・ゲストトーク
19:50~ 第二部 参加型セッション
・個人ワーク 
・グループセッション
・発表・まとめ

開催日時 2018.6.6(水) 19:00-21:00
 
対象

・店舗開発に関心がある方
・場の活用に関心がある方
・神奈川エリアに関心がある方
・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・自分の街をより知りたい方
・自分の街との関わり方を考えている方
・サードプレイスに関心のある方など

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
<ゲスト>家・庭・暮らしのデザイナー/ひとときデザイン2級建築士事務所 代表
関口春江さん

個人邸の家や庭、店舗など空間の設計デザインを生業としているが、
2013年753cafe/shop/galleryを友人4名で開店、その後753プロジェクトが始動。
2015年秋にカフェのある町へ転居。カフェを拠点に手しごとマルシェ「753市」の運営を軸とした周辺にあるヒト・モノ・コトをつなぐ仕組みづくりに取り組んでいる。
753の活動を始める前後あたりから自身の仕事も福祉施設のコミュニティカフェ設計やコミュニティガーデンづくりなど、地域とヒトが「関わる場所」や「たのしい仕掛けやキッカケ」をデザインする機会も増えている。 夫と猫とシェア住人の4人と1匹暮らし。

関連リンク
http://cafe753.wixsite.com/753cafe

コーディネーター(中小機構人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏