close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 イベント ,ワークショップ

【満員御礼】Talk and Dialogue「ing+」 第8回「サービスから考えるデザインの本当の意味」 -笑わない鮨屋のオヤジとマクドナルドへの愛憎- (ゲスト:山内裕さん)

開催終了

2018.6.8 (金) 19:00-21:00
 

第8回のゲストは山内裕さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

Talk and Dialogue「ing+」(アイ・エヌ・ジィ プラス)は、ゲストが語りたいことを語り、参加者が自分ごとで考え対話するシリーズ企画。

このシリーズでは、主催者がテーマを設定してゲストに依頼するのではなく、ファシリテーターが今話したい人をゲストとして迎え、「ゲスト自らが今、最も語りたい」と思うトークテーマを設定し、思う存分語っていただきます。

そして、ゲスト×参加者×ファシリテーターによるトーク&ダイアログを通じて、場にいる全員がこれまでにない視点での気づきを得ることを目指していきます。

第8回目のゲストは、山内裕さん。

「サービスから考えるデザインの本当の意味 -笑わない鮨屋のオヤジとマクドナルドへの愛憎-」をテーマにトーク&ダイアログする2時間です!

<なぜ山内さん?~ファシリテーター・櫻井亮より~>
山内先生は、サービスに関して非常に科学的にアプローチをされておられる研究者ですが、同時に感性や文化についてとても熱心に研究をされており、それはサービスというものの本質を考えた際に両方の要素を併せ持って理解しなければならないということを体現されておられるのだと思います。
「モノゴトに『』(かぎかっこ)をつけて観る。」という話をいただいた時には衝撃が走りました。
サービスというものを新しい視点で捉えるのにいつも示唆をいただいています。
今回はサービスをデザインすることをより一歩進めて、文化についても含めてみなさんと語ってみたいと考えています。

プログラム

・ゲストトーク
・参加者同士のシェア、ゲストへのQ&A
・ゲスト×ファシリテーター トークセッション
・ゲスト×参加者×ファシリテーター ダイアログ
・参加者1人1人の内省、全体シェア

開催日時 2018.6.8(金) 19:00-21:00
 
対象

・起業に関心のある方、中小企業・小規模事業者で未来に向けて新しいアクションを起こしたい方
・「サービスの本質」について考えたい、語りたい方
・さまざまなスタイルでのトークやダイアログを通じて、自分の価値観やスタンスを考えるきっかけをつかみたい方

定員 45名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(京都大学経営管理大学院准教授)
山内 裕 さん

1998年京都大学工学部情報工学卒業、2000年京都大学情報学修士、2006年UCLA Anderson Schoolにて経営学博士(Ph.D. in Management)。Xerox Palo Alto Research Center研究員を経て、京都大学経営管理大学院に講師として着任。2015年4月より現職。シンガポール南洋理工大学 Institute on Asian Consumer Insightフェロー、サービス学会理事など。著書に、共著『組織・コミュニティデザイン』(共立出版)、単著『「闘争」としてのサービス』(中央経済社)など。

ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
櫻井 亮 氏

日本ヒューレッド・パッカード、企業支援等を経て、2007年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダー。2013年より北欧系ストラテジックデザインファームDesignitの日本拠点Designit Tokyoの代表取締役社長に就任。2015年1月より独立してシリアルアントレプレナー実践中。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、ワークショップのファシリテーション、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを手掛ける。