close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ワークショップ ,読書会

【増員しました】超参加型読書会ActiveBookDialogue 『リーダーシップの旅』編

募集中

2018.7.27 (金) 19:00-21:30
 

今回の読書会は「リーダーシップの旅-見えないものを見る」です!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使い、1冊の本を集まった全員で力を合わせ約1時間で読破します。さらに、その学びのエッセンスを元に、ディスカッションで学びを深めます。

今回取り上げる本は、『リーダーシップの旅-見えないものを見る』。
次世代リーダー育成の実践者である野田智義氏と日本における組織・リーダーシップ研究の第一人者である金井壽宏教授(神戸大学大学院)がリーダー論を展開しています。
著者が有名な2人ですし、リーダーシップを旅になぞらえているユニークさ、読みやすい文体と新書であることなどから、読んだことがある方も多いかもしれません。

変化の激しいこの時代、世界中で、ビジネスはもちろんのことあらゆる領域で、リーダーシップが求められています。
でも、リーダーってそもそもどんな存在なのでしょうか?リーダーシップとは何なのでしょうか。この時代に求められるリーダーシップとは?

この本には、以下の文章があります。
「社長になろうと思って社長になった人はいても、リーダーになろうと思ってリーダーになった人はいない。リーダーは自らの行動の中で、結果としてリーダーになる。」
「リーダーシップは、本を読んで修得するものでも、だれかから教わるものでもない。それは私たち一人一人が、自分の生き方の中に発見するものだ。」

真のリーダーシップの在り方を説いたこの本を題材に、リーダーシップについてみんなで対話しながら深めていきましょう!

<今回の勉強会の教科書>
 本著紹介:「リーダーシップの旅―見えないものを見る」
(光文社 2007年)野田智義、金井壽宏著

「ABD読書法とは?」
1冊の本には、アイデアのエッセンスがつまっています。
このABD読書法は近年開発され、1人で読書するより遥かに短い時間で、より深く、より複合的視点でそのエッセンスを学ぶことのできる大変効果的な読書法です。
<特徴>
・参加者は事前準備・購入せず参加できるので気軽
・1人の担当部分が短くなるので、本が苦手でも安心
・読んでその場でみんなと感動や学びを共有・交換できて楽しい
・共通言語をベースに話せるので、深い議論ができる
・インプットとアウトプットが同時にするので、記憶に残る
・達成感や一体感があって、参加者どうし仲良くなる
(参考)http://www.abd-abd.com/

プログラム

・オープニング
・コ・サマライズ(本を分担して読んでそれぞれ要約)
・プレゼンリレー(担当分をみんなで紹介し合う)
・対話(本について理解を深める)
・まとめ

開催日時 2018.7.27(金) 19:00-21:30
 
対象

中小企業・小規模事業者の方、創業希望者の方
リーダーやリーダーシップとは何か?について考えたい方
この時代に求められるリーダーシップについて考えたい方
書籍『リーダーシップの旅』に興味がある方
ABD読書会に興味のある方

定員 25名
参加費 1000円(事前決済)
持ち物  
ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
丹羽 妙 氏

1987年生まれ。京都大学在学中、京都市主催プロジェクト創発型審議会「京都市未来まちづくり100人委員会」に参加。これをきっかけに、場づくりの専門集団、NPO法人場とつながりラボhome's viに入門、2013年当団体のファシリテーターとなる。個性の輝く組織と社会づくりにむけ、企業、大学、市民活動など、様々な組織での意識変容とコミュニティ形成をサポートしている。