close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 クロストーク ,テクノロジー ,未来 ,AI ,IoT

【満員御礼】<物事の本質を問い直し、未来を考える>最新テクノロジーを感じる夕べ : ロボット・AI・IoT編

開催終了

2018.8.3 (金) 19:00-21:00
 

ロボットやAI、Iotの潮流とその本質を知り、その中で自分たちはどうすべきかを考え、ゲストと参加者、参加者同士で対話する会です。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

変化の激しい時代、そして人生100年時代といわれる今だからこそ、よりよい未来を創るために自分はどうありたいかを考えるタイミングにきています。
その際、世の中にあふれるさまざまな事象や情報から本質を捉えることも大切ではないでしょうか?

そんな問題意識から、今回は、ロボットやAI、IoTから、「テクノロジーの本質」を考える時間をもちたいと思います。

新しいテクノロジーは難しくてついていけない、あるいはこれからどうなっていくのだろう・不安・・・と感じている方も多いのではないでしょうか。
例えば、人間はAIなどに仕事を奪われてしまうのか?、導入しないと負けてしまう?、導入するには何が必要?
センサーを多数つけて、AIで解析すれば何でも出来るのか? デメリットは?・・・など。

これらのテクノロジー、実は、いずれも20年以上も前からあるものなのです。
今回は、数多くの新規事業・新規技術開発に携わっている山崎忠史さんから、これらのテクノロジーについて、その歴史を交えつつ、原理から現状の動向、落とし穴などをお話しいただきます。
また、疑問を参加者同士で対話・共有したり、未来の自身のあり方を考える時間もつくっていきます。

以前だったら、ロボットやAI、IoTは大企業がやること・・と思ってしまうことだったかもしれません。ですが、この大変革期においては、企業規模は関係なく、フットワークの利くベンチャーや中小企業、個人のほうがむしろできることが多くあるかもしれません。

ロボットやAI、IoTの潮流とその本質を知り、その中で自分たちはどうすべきかを考え対話をしたい方、ぜひご参加ください。

※2018年7月4日発行のメールマガジンに、開催日を「2018年8月3日(火)」と記載しておりましが、「2018年8月3日(金)」の誤りです。ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

プログラム

・インプットトーク(ロボット・AI・IoTの潮流)
・クロストーク(ゲスト×参加者、参加者同士)

開催日時 2018.8.3(金) 19:00-21:00
 
対象

・製造業、小売業、サービス業、IT、スポーツビジネス等のビジネスをしている中小企業、小規模事業者、創業希望者
・上記テーマに関心があり、対話をしながら自分のあり方を考えたい方

定員 45名 
参加費 無料
持ち物 なし
ゲスト(株式会社 PROPERTY INNOVATION CONSULTING 代表取締役)
山崎 忠史 氏

㈱ブリヂストンでの開発部門、京セラ㈱を経て、2007年からEYでの多くの企業やM&Aなどを支援し、2015年に株式会社 PROPERTY INNOVATION CONSULTINGを起業して独立。
新規事業や新規技術などを中心として、大企業からベンチャー企業まで、イノベーション関係のコンサル経験が多数。
早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了(MBA)、東京工業大学大学院 イノベーション研究科 博士課程後期単位取得後退学。
明海大学・非常勤講師、Jリーグ・監事。