close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 働き方 ,半農半X ,原点 ,生き方

【満員御礼】「半農半X」という生き方を提案し続ける、私の原点(活動の原点シリーズ 第6回)

開催終了

2018.8.20 (月) 19:00-21:00
 

第6回のゲストは半農半X研究所・代表 塩見直紀さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

※※Facebookページの「参加」ボタンのみで、会員登録とお申込手続きをされていない方はご参加頂けませんのでご了承ください※※

自分らしい「シゴト」や「活動」を見つけ、実践されている方をお招きし、その「活動の原点」についてのお話をうかがう講座の第6回。

今回ゲストでお招きをするのは、半農半X研究所・代表の塩見直紀さんです。

「半農半X」とは、自分たちが食べる分だけの小さな農を行いながら、大好きなことや才能を活かしたシゴト(天職)をしていくというライフスタイルのコンセプトです。

塩見さんがこの考え方を提唱されたのは、約20年前。現在では、台湾、中国、韓国などにも広がっています。

人は、自分のテーマを生涯探究するために生まれてきたのではないか。

国民全員が、自分の大好きなことやライフワークを探求し実践していけば、国の発展や世界の発展につながっていくのではないか。

ご自身の生き方や世界の平和について思いをめぐらせ、このような考え方にたどりつき生まれたコンセプトだと塩見さんはおっしゃいます。

今回の講座では、塩見さんの「活動の原点」についてのお話をうかがうとともに、参加された皆さまの「X=天職」を考えてみる時間も設けてみたいと思います。

自分の中にある「大切な何か」に気づく貴重な機会になるかも知れません。ぜひご参加ください!

プログラム

◎チェックイン
◎ゲスト(塩見さん)のお話
◎自分のXを考えるワーク
◎Xや感想の全体共有

開催日時 2018.8.20(月) 19:00-21:00
 
対象

・自分らしいシゴトや活動を見つけたい・実践したい方
・創業に関心のある方
・中小企業、小規模事業者の方
・自分が大切にしたい価値観や思いについて考えたい、対話したい方

定員 50名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(半農半X研究所・代表/福知山公立大学地域経営学部特任准教授/総務省地域力創造アドバイザー)
塩見 直紀 さん

1965年、京都府綾部市生まれ、同市在住。フェリシモを経て、1999年、33歳を機に故郷の綾部へUターン。2000年、半農半X研究所を設立。21世紀の生き方、暮らし方として、「半農半X」コンセプトを20年前から提唱。著書に『半農半Xという生き方【決定版】』など。本は翻訳され、台湾、中国、韓国でも発売され、海外講演もおこなう。X応援のために、コンセプトスクールや綾部ローカルビジネスデザイン研究所、スモールビジネス女性起業塾などもおこなう。

ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
大木 浩士 氏

栃木県生まれ。経営コンサルティング会社を経て、広告会社で勤務。発想力を重視したキャリア教育プログラムを企画・運営し、経済産業省のキャリア教育アワード2016で、日本一となる大賞を受賞。
「都市と地域の人をつなぐ」「やりたいことを形にする支援」の2つが個人としての活動のテーマ。
出身地である栃木県の各自治体のまちづくり、移住促進のサポートなど、地域や個人が抱える課題の解決に向けた活動を積極的に行っている。2014年に栃木県知事から「とちぎ未来大使」を委譲。
羽黒山伏、神社研究家としても活動中。