close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 イベント ,働き方

女優芸人・パフォーマー・2児のママとして、今を最大限に楽しむことで人生をどんどん面白くする!私の原点(ゲスト:関口満紀枝さん/活動の原点7)

開催終了

2018.9.20 (木) 19:00-21:00
 

第7回のゲストは関口満紀枝さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

自分らしい「シゴト」や「活動」を見つけ、実践されている方をお招きし、その「活動の原点」についてのお話をうかがう講座の第7回。

今回ゲストでお招きをするのは、女優芸人・パフォーマー・振付師・研修講師・代替療法師など多数の顔を持ちながら、2児のママ・妻・主婦でもある関口満紀枝さんです。

大学時代に観た「パパ・タラフマラ」というダンスカンパニーの舞台に衝撃を受け、その後運命に操られるように入団。主力メンバーとなります。

プロのダンサーへの道を進む決意をする一方、人の笑顔をつくることの喜びを知り、2001年秋より、笑いや面白さを追求する一人芝居「月刊 関口満紀枝」の公演をプロデュース。

最近では、子連れで見られる爆笑ライブとしてママたちに大人気です。

また、ボイスパフォーマンス講師として活動中に作り上げたオリジナルワークショップ「カラダオーケストラ」は、保育園・学校・病院・企業から依頼を受け、定期的に各地で開催。

2017年7月~2018年2月、ロングラン公演となった手塚治虫さん原作舞台「W3(ワンダースリー)」にボッコ役として出演。

2018年8月には舞台「誰そ彼」の主演も務めます。
2児の母で妻だけど、好き!と思ったことはやってみる。やらなかったことの後悔だけはしたくない!
自分にいろんな顔があっていいし、人生を最大限おもしろく生きたい!
そんな思いを大切にされ、活動をされてきた関口さんの「活動の原点」についてお話をうかがいます。
講座の後半は、参加された皆さまと一緒に、感じたことを共有する時間も持つ予定です。
目の前でみるみる変身していく関口さんのものまねパフォーマンスにも乞うご期待!
自分の中にある「大切な何か」に気づく貴重な機会になるかも知れません。ぜひご参加ください!

プログラム

◎チェックイン
◎ゲストからのお話
◎大木氏とのトークセッション
◎参加者同士の話し合い
◎全体共有

開催日時 2018.9.20(木) 19:00-21:00
 
対象

・自分らしいシゴトや活動を見つけたい・実践したい方
・創業に関心のある方
・中小企業、小規模事業者の方
・自分が大切にしたい価値観や思いについて考えたい、対話したい方

定員 30名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(女優芸人・パフォーマー・2児のママ)
関口 満紀枝 さん

1975年4月3日生まれ、東京都出身
多摩美術大学在学中、演出家小池博史に見出されダンスシアターカンパニー パパ・ タラフマラの主力メンバーとなり、ベネチアビエンナーレなど多数の国内外公演に出演。
2001 年より、演出家 近藤智子とユニットを組み、一人芝居「月刊 関口満紀枝」をプロデュース。
子連れで見れる爆笑ライブとしてママたちの間で話題となる。
また、パパ・ タラフマラ附属研究所時代にボイスパフォーマンス講師として10年ほど活動する間に作り上げた”カラダと声”のオリジナルワークショップ『カラダオーケストラ』を考案。
保育園や幼稚園、学校、病院、子育てイベントや企業研修など、各地で依頼され開催するなど、その活動は多岐に渡る。
2014年、芸能プロダクション『オリオンズベルト』所属。本格的に女優としての活動を開始。
様々なテレビ番組へ出演していく中で、女優芸人としての肩書を持ち、ものまねもスタート。
プライベートでは二児の母、主な資格としてマタニティケアアドバイザー、デューラ(お産を楽にするために産婦を精神的に補助する役割)コース終了認定証、JPHMA プロフェッショナルホメオパスを所持。
所属事務所:株式会社オリオンズベルト http://www.orionsbelt.co.jp/ オフィシャルブログ:「ママ大きくなったら何になりたい?」 http://sekiguchi-makie.stablo.jp/

ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
大木 浩士 氏

栃木県生まれ。経営コンサルティング会社を経て、広告会社で勤務。発想力を重視したキャリア教育プログラムを企画・運営し、経済産業省のキャリア教育アワード2016で、日本一となる大賞を受賞。
「都市と地域の人をつなぐ」「やりたいことを形にする支援」の2つが個人としての活動のテーマ。
出身地である栃木県の各自治体のまちづくり、移住促進のサポートなど、地域や個人が抱える課題の解決に向けた活動を積極的に行っている。2014年に栃木県知事から「とちぎ未来大使」を委譲。
羽黒山伏、神社研究家としても活動中。