close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 サードプレイス ,地域・地方

第33 回地域のサードプレイスを考える 栃木県益子町『ヒジノワ CAFE&SPACE 』簑田理香さんの取組みから

募集中

2018.11.7 (水) 19:00- 21:00
 

今回のゲストは簑田理香さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、「地域の人が集まり、アクションを起こす場=地域サードプレイス」と関連するゲストをお招きし、ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回のゲストは、簑田理香さん。

簑田さんが企画運営チームの一員として関わっているヒジノワCAFE&SPACEは、2009年に益子町で始まった、風土に根ざした新しい祭「Earth Art Festa土祭/ひじさい」をきっかけに生まれました。土祭は、企画から運営まで官民協働で行われ、町の職員だけではなく、地域住民を中心としたボランティアが会場設営などの準備を行いました。長年空き家になっていた築100年の民家を現代アートの展示会場に活用することが決まり、展示する作家や役場の職員、住民たちがボランティアで改修に参加して展示会場を作り上げました。土祭の終了後、また空き家にするのはもったいない、みんなが集える拠点として活用しようと、改修に関わった有志が「ヒジノワ」を立ち上げ、2010年7月にカフェ&スペースとしてオープンさせ、任意団体として共同運営をしています。

運営がスタートして、8年。カフェはチャレンジショップ的な意味合いもあり、ここで出店したいた方たちが自分の店舗を持つなどして多くの方が巣立っていきました。いまは、地域の人が気軽に集えて利用できる場の存続を、どのような運営スタイルで続けていくか、メンバーでの話し合いが進められています。

そんな簑田理香さんと益子町の皆さんの活動内容や今後の展望をお聞きしながら、皆さんと学びを深めていきたいと思います。

開催日時 2018.11.7(水) 19:00- 21:00
 
対象

・中小企業事業者、小規模事業者の方
・コミュニティ作りに関心がある方
・場の活用に関心がある方
・栃木県域エリアに関心がある方
・空き家活用に関心がある方
・地域を元気にすること(地域活性化)に関心がある方
・自分の街をより知りたい方
・自分の街との関わり方を考えている方
・サードプレイスに関心のある方など

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(宇都宮大学 地域創生推進機構COC+推進室 特任准教授/地域連携コーディネーター)
簑田理香さん

熊本県生まれ。福岡、東京、宇都宮を経て25年前から益子町の住人。教育系出版社勤務を経て、フリーランスの編集・ライター・プランナーとして様々な媒体で活動。益子町任期付職員、「土祭2015」プロジェクトマネージャーを経て、2016年より現職。益子町の地域コミュニテイ「ヒジノワCAFE&SPACE」などを拠点に、さまざまな場作りやプロジェクトを展開中。地域編集室簑田理香事務所 主宰。益子の人と暮らしを伝える『ミチカケ』編集人。

コーディネーター(中小機構 人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏