close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

インタビュー

【第58回】京都府・兼松 佳宏さん

収録情報

2017.6.29 (木) 15:00-16:00

第58回のゲストは京都でフリーランス勉強家として活動されている兼松佳宏さんです!

京都府

内容説明

第58回のゲストは京都府でフリーランス勉強家として活動されている兼松 佳宏さん。

2017年6月29日(木)15:00~skype接続をして公開収録いたしました。

兼松さんはソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長を務めたのち、2016年にフリーランス勉強家として独立。ひとりで/みんなで勉強する(co-study)ための空間 ”スタディホール” を京都市内各地で開催しています。

兼松さんがフリーランス勉強家となった経緯や、現在のSTUDY HALLの活動についてお伺いしていきます。15分では収まりきらないオフレコ部分も聞きたい!という方はぜひTIP*Sへお越しください。(観覧に予約は不要です)

会場:中小機構 TIP*S(東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6階)

ゲスト(勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師)
兼松佳宏 さん

1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。

2016年、フリーランスの勉強家として独立し、京都精華大学人文学部特任講師、勉強空間をリノベートするプロジェクト「everyone’s STUDYHALL!」発起者、ことば遊びワークショップユニット「cotone cotone」メンバーとして、教育分野を中心に活動中。

著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「空海とソーシャルデザイン」など。秋田県出身、京都府在住。一児の父。
http://studyhall.jp