close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

インタビュー 四国,地域・地方

【第60回】高知県四万十町・畦地 履正さん

収録情報

2017.7.14 (金) 16:00-17:00
 

第60回のゲストは高知県四万十町の畦地 履正さんです!

内容説明

第60回のゲストは高知県四万十町で活動されている畦地 履正さん。

2017年7月14日(金)16:00~直接TIP*Sに畦地さんがお越しいただき生収録いたしました。

畦地さんが代表を務められる株式会社四万十ドラマは高知県四万十川中流域にある「考え方」をつくる会社です。四万十の風景は食べ物の生産現場の風景。どんなに商品が話題になって売れたとしてもその原料を生む環境が荒廃しては意味がない、という考え方から、四万十川の恵みに感謝し、生産現場を復興しながら風景を守り、育み、流通させ、その商品に四十川の考え方を流通させるようなビジネスを生むことを使命としています。

会場:中小機構 TIP*S(東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6階)

ゲスト
畦地 履正(あぜち りしょう)さん

昭和39年、高知県高岡郡四万十町出身。高知市内の高知東高校を卒業、地元の通信関連企業に入社。昭和62年に四万十に戻り、十川農協(現高知はた農協)に勤務。
平成6年、四万十川流域町村(旧大正町・十和村・西土佐村)の出資により設立された第3セクター『株式会社四万十ドラマ』が1名の常勤職員を全国公募し、その職員として手を上げ採用される。その後、“四万十川に負担をかけないものづくり”をコンセプトに地域と密着した自然循環型企業としての事業展開に従事する。そして平成19年、道の駅『四万十とおわ』の指定管理者として運営が始まる。同年、代表取締役に就任し現在に至る。