close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

インタビュー コワーキング,地域・地方,東北

【第72回】福島県南相馬市・和田智行さん

収録情報

2017.12.20 (水) 14:00-15:00

第72回ゲストは福島県南相馬市小高区でコワーキングスペースを運営する和田智行さんです。

福島県南相馬市小高区

内容説明

第72回のゲストは、福島県南相馬市の和田智行さんです。

2017年12月20日(水)14:00~、Skype接続で公開収録します!

和田さんは東日本大震災後の2014年に福島県南相馬市小高区にて、避難区域初のコワーキングスペース「小高ワーカーズベース」事業を開始。その後、震災後では小高区初となる食堂「おだかのひるごはん」(2016年3月閉店)や仮設スーパー「東町エンガワ商店」、ガラスアクセサリー工房「HARIOランプワークファクトリー小高」をオープンするなど、住民帰還の呼び水となる事業の創出に取り組んでいます。

和田さんのお話を聞きたい、オフレコトークも聞いてみたい、という方はぜひお気軽にご観覧にいらしてください。(観覧に事前予約は不要です)

会場:中小機構 TIP*S(東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6階)

ゲスト
和田智行さん

福島県南相馬市小高区(旧小高町)生まれ。
2005年に故郷にUターン。東京のITベンチャー2社の役員でありながら南相馬の自宅で働くライフスタイルを確立。
東日本大震災では、自宅が警戒区域に指定され家族とともに会津若松市に避難。同市に新設されたインキュベーションセンター勤務を経て、2014年避難区域初のコワーキングスペース「小高ワーカーズベース」事業を開始。その後、震災後では小高区初となる食堂「おだかのひるごはん」(2016年3月閉店)や仮設スーパー「東町エンガワ商店」、ガラスアクセサリー工房「HARIOランプワークファクトリー小高」をオープンするなど、住民帰還の呼び水となる事業の創出に取り組む。
2014年12月 AERA「日本を突破する100人」掲載
2015年12月 「ふくしまベンチャーアワード2015」特別賞受賞
2017年 2月 復興庁「新しい東北」復興・創生顕彰 団体部門受賞