close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 シェア ,ワークショップ ,対話

Open Talking スナック~今回のテーマは「教育」~

開催終了

2018.9.18 (火) 19:00-21:30
 

今回のテーマは、〝教育"です!
このテーマについて、皆さんが話したいことを話していく時間を作っていきます。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

・◯◯について話したい!・◯◯のアイデアがほしい!・◯◯についての意見をきいてみたい!など、みなさんが話したいことを話したいように過ごす場所、それが「Open Talking スナック」。

今回のテーマは、〝教育”です!
このテーマについて、皆さんが話したいことを話していく時間を作っていきます。

変化の激しい社会の中で、教育についてもいろいろな変化が起きています。
学校教育では、これからの社会で活躍できる人材育成を目指して、いわゆるアクティブラーニングを取り入れた授業が実施されはじめ、教員による一方通行の授業から生徒自身が主体的・能動的に参加する授業・学習へと変わっていきます。そのほかにも、小学校でのプログラミング教育の導入、英語改革、大学入試改革など教育改革が目白押しです。

それと期を同じく、企業内での教育、研修も多様になってきていますし、人生100年時代を見据えた「人づくり革命」の中では、社会人の学び直し(リカレント)教育が注目されています。職人の技術継承なども教育の一つでしょうし、地域コミュニティにおける対話も教育の一つといえるかもしれません。教え方といった具体的な話から、「教えることのおもしろさって?」「これから必要とされる教育とは?」「そもそも教育とは?」といった話までちょっと考えるだけでも無限の広がりがあるテーマです。

〝教育“についてみなさんでゆるやかに話をしながら、新たな気づきやつながりを感じてみませんか?

プログラム

1:チェックイン
普段何しているのか、参加しようと思った理由などを全体で共有します

2:この指止まれ方式でのopen talking スナック
参加者一人一人が、この場のみなさんと話したい“教育に関するテーマ”を考えていきます。その後、参加者同士で少人数のグループになり共有していきます。
その後改めてみんなと話しをしたい内容であれば、全体で共有をしてもらい、その場で小さな分科会を作っていきます。話したいテーマの所に参加者は移動してもらう形をとります。

3:チェックアウト
最後に気づいたこと、思ったこと、感じたことを共有して終わりにしていきます

開催日時 2018.9.18(火) 19:00-21:30
 
対象

・中小企業事業者・小規模事業者の方
・創業希望・予定の方
・上記のテーマについて話したい方、関心がある方など

定員 25名
参加費 無料
持ち物  
ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー/特定非営利活動法人bond place 代表理事)
小笠原 祐司 氏

山梨県山梨市出身
大学生時代から小学生、障がい児向けのワークショップの企画やファシリテーションを年間50回以上行う。大学院修了後、人財育成のコンサルタントとして、大手外資系企業、日系企業を中心に、幅広い企業の人財育成の提案、設計に携わる。退社後、今までの経験を生かして、子ども向けから大人向けのワークショップ、対話の場づくりを活用した、問題・課題解決のアプローチを行う。2016年NPO法人bond place設立、代表理事を就任。年間180回のワークショップ、ファシリテーションを実施。
山梨県と東京の二拠点をベースに、二地域のワークスタイルを実践中。