close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ing+ ,イベント

【増員中】Talk and Dialogue「ing+」第14回「これから求められる情報発信・情報共有 – 働き方改革の先にあるものとは -」(ゲスト:加藤 俊 さん)

開催終了

2019.4.8 (月) 19:00-21:00
 

今回のTalk and Dialogue「ing+」(アイ・エヌ・ジィ プラス)は、主催者がファシリテーターと話して欲しい人をゲストに開催します!
第14回目のゲストは、加藤 俊さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

Talk and Dialogue「ing+」(アイ・エヌ・ジィ プラス)は、ゲストが語りたいことを語り、参加者が自分ごとで考え対話するシリーズ企画。

このシリーズでは、主催者がテーマを設定してゲストに依頼するのではなく、ファシリテーターが今話したい人をゲストとして迎え、「ゲスト自らが今、最も語りたい」と思うトークテーマを設定し、思う存分語っていただきます。ゲスト×参加者×ファシリテーターによるトーク&ダイアログを通じて、場にいる全員がこれまでにない視点での気づきを得ることを目指していきます。

第14回目のゲストは、加藤 俊さん。

「これから求められる情報発信・情報共有 – 働き方改革の先にあるものとは -」を テーマにトーク&ダイアログする2時間です!

<なぜ加藤さん?~ファシリテーター・櫻井亮より~>

加藤さんは、「日本再生の鍵を探せ」というお題の元に “Biglife21” というメディアを立ち上げ編集長をされております。 次代の産業を担う企業や人材、教育する学校や学生の取組みを記事にし配信する傍ら、「100年経営研究機構」という機構をサポートしながら企業の永続的な発展に関して独自の状態にある日本の経営の礎になるものは何かを日々模索されております。 今、我々は一体何を信じて前に進めばいいのか、どんなアクションを取ればいいのか。個人の視点から企業の視点から、様々な観点でお話が出来る気がしていて楽しみです。

プログラム

・ゲストトーク
・参加者同士のシェア、ゲストへのQ&A
・ゲスト×ファシリテーター トークセッション
・ゲスト×参加者×ファシリテーター ダイアログ
・参加者1人1人の内省、全体シェア

開催日時 2019.4.8(月) 19:00-21:00
 
対象

・起業に関心のある方、中小企業・小規模事業者で未来に向けて新しいアクションを起こしたい方
・これからの時代をどのように進んでいけばいいのかについて考えてみたい方
・働き方改革のその先について考えてみたい方
・さまざまなスタイルでのトークやダイアログを通じて、自分の価値観やスタンスを考えるきっかけをつかみたい方

定員 35名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(株式会社Sacco 代表取締役 / 一般社団法人100年経営研究機構 広報室長 兼 百年経営編集長)
加藤 俊さん

1983年東京都生まれ。週刊誌・月刊誌の記者を経て2012年株式会社ビッグライフ社入社。2013年より取締役。
2015年8月 株式会社Sacco(サッコ)設立。代表取締役現任。
2017年9月 一般社団法人100年経営研究機構 広報室長 兼 百年経営編集長。

これまでインタビューした人数は約2500人。知見のある分野として、企業の社内報活用、インナーコミュニケーション、産学連携、中小企業、町工場など。
ライフワークとして、社会的養護の自立を応援するヒーロー「くつべらマン」の2代目。養護施設、矯正施設の待遇改善、及び出身者の社会復帰支援に取り組む。

ファシリテーター(GOB Incubation Partners株式会社Co-Founder /中小機構人材支援アドバイザー)
櫻井 亮 氏

日本ヒューレッド・パッカード、企業支援等を経て、2007年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダー。2013年より北欧系ストラテジックデザインファームDesignitの日本拠点Designit Tokyoの代表取締役社長に就任。2015年1月より独立してシリアルアントレプレナー実践中。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、ワークショップのファシリテーション、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを手掛ける。