close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 ing+ ,イベント ,社会科学

Talk and Dialogue「ing+」第15回「今こそ必要な社会科学の力- 社会科学者が活躍する企業とはどんな組織なのか -」(ゲスト:新井田 統 さん)

募集中

2019.5.28 (火) 19:00-21:00
 

Talk and Dialogue「ing+」シリーズは、ファシリテーターが「今、話したい人」をゲストとして迎え、ゲストが「今、最も語りたい」ことを語り、参加者が自分ごとで考え対話するイベントです!
第15回ゲストは、新井田 統 さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

Talk and Dialogue「ing+」(アイ・エヌ・ジィ プラス)は、ゲストが語りたいことを語り、参加者が自分ごとで考え対話するシリーズ企画。

このシリーズでは、主催者がテーマを設定してゲストに依頼するのではなく、ファシリテーターが今話したい人をゲストとして迎え、「ゲスト自らが今、最も語りたい」と思うトークテーマを設定し、思う存分語っていただきます。ゲスト×参加者×ファシリテーターによるトーク&ダイアログを通じて、場にいる全員がこれまでにない視点での気づきを得ることを目指していきます。

第15回目のゲストは、新井田 統 さん。

「今こそ必要な社会科学の力- 社会科学者が活躍する企業とはどんな組織なのか -」をテーマにトーク&ダイアログする2時間です!

<なぜ新井田さん?~ファシリテーター・櫻井亮より~>

新井田さんは、世界中で活用が始まっている「社会科学」という領域の第一人者です。

私が現在学びを深めているデジタルを活用した企業変革について、シンガポールから招聘して開催した特別ワークショップに参加していただいたことをきっかけにご縁を深めました。

彼と話をしていますと、社会科学という見地から世の中を見ることの重要性や面白さをたくさん語っていただけます。

普段、研究という領域におられる為、なかなか所謂、「普通」の会社や人たちと仕事として接点が多いわけではないと個人的には想像します。ですが、不安定で不透明な今の時代だからこそ、新井田さんが取り組んでおられる社会科学という領域を多くの人たちが、企業で、社会で、理解して考える意味があるべきテーマであると感じます。

当日は、新井田さんの研究領域を出来るだけわかりやすくお伝えできるようファシリテーションしてみたいと思っています。

プログラム

 ・ゲストトーク
 ・参加者同士のシェア、ゲストへのQ&A
 ・ゲスト×ファシリテーター トークセッション
 ・ゲスト×参加者×ファシリテーター ダイアログ
 ・参加者1人1人の内省、全体シェア

開催日時 2019.5.28(火) 19:00-21:00
 
対象

 ・起業に関心のある方、中小企業・小規模事業者で未来に向けて新しいアクションを起こしたい方
 ・社会科学という領域に関心のある方
 ・社会科学という見地から世の中を見ることの重要性を考えたい方
 ・さまざまなスタイルでのトークやダイアログを通じて、自分の価値観やスタンスを考えるきっかけをつかみたい方

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト
新井田 統 さん

1996年国際電信電話株式会社(現KDDI株式会社)入社。研究所に配属され、無線通信のデジタル信号処理の研究に従事。2006年より、コミュニケーションサービスのユーザ評価やサービスデザイン手法の研究を行う。現在、株式会社KDDI総合研究所インタラクションデザイングループリーダー。
工学研究者に加えて、認知心理学、認知科学、文化人類学、計量社会学など、様々な分野で博士号を取得したメンバーが所属するチームのディレクションを行う。自身も、修士(工学)と博士(心理学)を取得しており、二つの分野をバックグランドにして学際的なアプローチで研究を行っている。

ファシリテーター(GOB Incubation Partners株式会社Co-Founder /中小機構人材支援アドバイザー)
櫻井 亮 氏

日本ヒューレッド・パッカード、企業支援等を経て、2007年よりNTTデータ経営研究所にてマネージャー兼デザイン・コンサルティングチームリーダー。2013年より北欧系ストラテジックデザインファームDesignitの日本拠点Designit Tokyoの代表取締役社長に就任。2015年1月より独立してシリアルアントレプレナー実践中。新規ビジョン策定・情報戦略の企画コーディネート、ワークショップのファシリテーション、デザイン思考アプローチによるイノベーションワークなどを手掛ける。