close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 働き方 ,地域 ,地域・地方

第43回地域のサードプレイスを考える~横浜市『藤棚デパートメント』永田賢一郎さんの取組みから~

開催終了

2019.6.5 (水) 19:00-21:00
 

第43回のゲストは横浜市『藤棚デパートメント』永田賢一郎さんです。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、「地域の人が集まり、アクションを起こす場=地域サードプレイス」と関連するゲストをお招きし、ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回のゲストは永田賢一郎さん。永田さんは、建築設計という仕事に携わる中で、建物単体だけではなく地域全体の環境づくりをしていかないと、暮らす人のためにも建物のためにもならないという思いがありました。

自分が暮らす地域の商店街には空き店舗が目立っていたため、地域の新たな担い手や人のつながりの生まれるような、「次の場所が生まれる場所」が作れないかという思いから藤棚デパートメントを作るに至りました。環境は一人では作れないからこそ次につながる場所づくり、というものを目指しています。

藤棚デパートメントでは、日替わりカフェや料理教室が開けるシェアキッチンとセレクトショップ・ライブラリーを兼ねた地域のコミュニティスペースで、カフェ営業も不定期で行っています。

そんな永田さんが活動を始められた経緯や、活動への想い、今後の展望などをお聞きしながら、「街に場を開く」ことについて皆さんと対話を通じて学んで行きたいと思っております。

<藤棚デパートメント>
http://fujidanadp.com/
https://www.facebook.com/fujidanadepartment/

 

開催日時 2019.6.5(水) 19:00-21:00
 
対象

・コミュニティ作りに関心がある方
・街づくりに関心がある方
・拠点作りに関心がある方
・自分の街との関わり方を考えている方
・サードプレイスに関心のある方 など

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(藤棚デパートメントオーナー)
永田 賢一郎 さん

1983年生まれ。東京都出身。
横浜国立大学大学院/建築都市スクールY-GSA修了。2013年より原﨑寛明と設計ユニットIVolli architectureとして横浜を拠点に活動開始。建築設計をはじめ、インテリアやプロダクトのデザインからプロジェクトデザイン、インスタレーションなど建築にまつわる様々な活動に取り組んでいる。2014年には黄金町のストリップ劇場跡を借りてシェアスタジオ「旧劇場」を立ち上げ、大工やアーティスト、建築家などの拠点を作る。2018年より永田賢一郎|YONG architecture studioとして活動を始める。藤棚デパートメントオーナー。藤棚一番街理事。

ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏

1990年横浜生まれ、中小機構TIP*S人材支援アドバイザー。幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年9月10日に株式会社STORYを設立。東京を基点に、街づくり・拠点開発・プロモーション事業を展開中。東京都内-神奈川県三浦市にて二拠点居住。