close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 地域 ,地域・地方 ,地域活性

地域への根ざし方〜自ら起業し、第二第三の起業を呼び込む〜群馬県みなかみ町鈴木雄一さんの取組み

開催終了

2019.6.12 (水) 19:00-21:00
 
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

TIP*Sでは、地域の最前線で活動されているゲストをお招きし、ゲストと参加するみなさんが対話することを通じて、ひと・まち・しごとが一歩前進するアクションを生み出す人の流れをつくっていきたいと考えています。

今回のゲストは鈴木雄一さん。

鈴木さんは、3年間の地域おこし協力隊活動を経て起業し、「みなかみの地域資源を活かした遊び・仕事で、プレーヤー(関係人口)を増やす。」をテーマに群馬県みなかみ町にて活動されています。

Iターン(移住・定住)、日本版DMO、地域おこし協力隊、そして地方での起業と、地域創生の文脈のど真ん中で活動してきた鈴木さんは、「地方は課題が山積みで、かつプレーヤーが足りていません。だからこそ地方はビジネスの可能性が眠る宝島のような場所です。特にみなかみは非常にチャンスのある地域です」と、小さくビジネスにチャレンジできる遊び場的な場所ととらえて活動されています。

鈴木さんはプレーヤーとして取り組むだけでなく、移住者と起業者の目線で地域への参入障壁である目に見えにくい地域の情報を都市部へと伝え、地域とつなぐことで地域資源を活かして遊べる・ビジネスできるプレーヤーを増やしたいと考えています。

そんな鈴木さんの活動への想いや、今後の展望などをお聞きしながら「ローカルビジネス」について皆さんと対話を通じて学んで行きたいと思っております。

開催日時 2019.6.12(水) 19:00-21:00
 
対象

・ワーク・ライフスタイル形成に関心がある方
・ローカルビジネスに関心がある方
・地域での活動に関心がある方
・関係人口に関心のある方
・移住しての地域での活動に関心がある方
・自分の地域との関わり方を考えている方

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト
鈴木 雄一 さん

大阪府出身1982年生まれ。広告代理店の企画制作・マーケティング職を経て、長野県に移住。2016年に地域おこし協力隊としてみなかみ町に再移住。みなかみ町観光協会にてDMOのブランドづくり・マーケティングを担当。任期満了後2019年4月より、みなかみ町にて地域の事業者をサポートするマーティングを中心とした事業を立ち上げる。地方にある様々な課題は新しいビジネスの可能性の塊であると感じ、テレワークセンターMINAKAMIにジョインして地域の活性化を担うプレーヤーの育成も推進している。

ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏

1990年横浜生まれ、中小機構TIP*S人材支援アドバイザー。幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年9月10日に株式会社STORYを設立。東京を基点に、街づくり・拠点開発・プロモーション事業を展開中。東京都内-神奈川県三浦市にて二拠点居住。