close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 地域 ,地域・地方

多拠点ローカルプレイヤーが語る地域との関係性と役割~今回のテーマは「旅と学び」

募集中

2019.7.3 (水) 19:00-21:00
 

多拠点ローカルプレイヤーシリーズの今回のテーマは「「旅と学び」です!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

近年、「その地域に現在居住はしていないものの、継続的な関わりがある人」を指す「関係人口」という言葉が生まれ、注目を集めています。『多拠点ローカルプレイヤーが語る地域との関係性と役割』シリーズでは、そんな地域間をまたにかけて精力的に活動されているゲストの地域での多様な「役割」「関係性」にフォーカスして、『参加者自身の働き方・暮らし方』を整理する・より良くするための実践ヒントを持ち帰る場を作りたいと考えております。

今回のテーマは、「旅と学び」です。

ご紹介するゲストは、成田陸さん。

成田さんは、北は北海道、南は宮崎県まで約40地域の林業地、農山漁村を14ヶ月間巡り、その内約6ヶ月は様々な事業体で現場研修をされました。旅の動機は「林業の現場を見ようとしないで、卒業論文を執筆することに抵抗があった為現場を見ることにした」という成田さん。旅は、これから業界を一緒に作っていく、全国にいるであろう森林、林業、木材産業に関わる同世代の熱い仲間を探す目的もあり、旅の間に見つけた同世代の方を集めたイベント、「モリコン!?(森懇親会)」なども主催されました。

人生100年時代の学習方法は、様々ですが旅をしながら各地の現場を見る・体験する・出会う成田さんのスタイルをヒントに、後半は、グループワークで皆さんそれぞれの地域との関係性と役割や「旅と学び」をテーマに因数分解をしながら、参加者それぞれの活動のヒントになるピースを探っていきます。

プログラム

※プログラムは都合により変更になる可能性がございます。
Ⅰ アイスブレイク
Ⅱ 多拠点ローカルプレイヤーが語る「旅と学び」
Ⅲ ワークショップ

開催日時 2019.7.3(水) 19:00-21:00
 
対象

・実際に活動をしている方と、実践的な学びをしたい方
・森、林、林業に関心がある方
・地域でのビジネスに関心がある方
・多拠点での働き方に興味の有る方
・働き方・暮らし方をデザインしたい方
・場づくりに関心のある方
・関係人口テーマに関心のある中小企業・小規模事業者の方 など

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト
成田 陸さん

1996年生まれ。埼玉県所沢市出身、在住。
東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科森林政策学研究室在学中。
専攻は林政学。林業経営体、木材流通を研究中。
フェアウッド研究部会インターン2016年4月~
大学一年生(2015年度)の夏休みに沖縄県西表島で一か月ヘルパーを経験した時に、座学と現場の両方を知る面白さに気づく。そこから約2年半準備をして、林業地、農山漁村を巡る旅を2018年2月から2019年3月の14ヶ月間行った。休学期間は2018年度一年間。春休みを利用して2月から旅を始めた。現在は旅をした経験を活かし卒業論文を執筆している。また森林、林業関係の小さなイベントの企画運営を行っている。

コーディネーター(中小機構 人材支援アドバイザー)
杉本 篤彦 氏

1990年横浜生まれ、中小機構TIP*S人材支援アドバイザー。幼少期の原体験から、「人の可能性が広がる環境作り」に強い関心を持つ。2016年9月10日に株式会社STORYを設立。東京を基点に、街づくり・拠点開発・プロモーション事業を展開中。東京都内-神奈川県三浦市にて二拠点居住。