close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等

【第20回】ワークショップ「愛され必要とされる企業になる瞬間」弱さの共有によるチームつくり ゲスト:soar 工藤瑞穂さん

募集中

2019.12.9 (月) 19:00-21:15
 

第20回目のゲストはNPO法人soar代表理事である工藤瑞穂さん。社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点をあてており、温度を感じる素晴らしいコンテンツを配信しています。

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

不透明で不確実性の高まるこれからの時代は、企業規模にかかわらず既成概念を壊し続けるような挑戦が求められています。小回りが効き、意思決定の早い中小企業こそが時代を切り拓いていくことができるとも言えます。

 時代を切り拓く挑戦には社員の高いモチベーションが必要ですし、顧客からの信頼も大事です。常に時代の先をいくビジネスモデルへの変革をし続ける文化も大切です。

 TIP*Sでは、顧客や従業員そして地域から「愛され必要とされる企業」が存在し、結果を残しながらも業績を伸ばしていることに着目して、3年前にワークショップをスタートしてきました。

 愛され必要とされる要素は、ワークショップを通じて、参加者のみなさまとともに抽出していきます。具体的には、対象となる企業の経営者をお呼びして、過去から現在、そして未来の軸で何を考えどう行動してきたのか/していきたいのか?を、ファシリテーターを通じて引き出しながら言語化していきます。

第20回目のゲストはNPO法人soar代表理事である工藤瑞穂さん。瑞穂さんがチームで運営するウェブメディア「soar」は、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点をあてており、温度を感じる素晴らしいコンテンツを配信しています。

愛され必要とされる企業になる瞬間。今回とても注目しているのは、まずはsoarのビジネスモデルです。個人会員からの寄付による記事制作&発信を実施するために、コミュニティーをとても大事にされています。

もうひとつ注目しているのは、そのチームづくり。工藤瑞穂さんの「弱さの共有」をベースにしたチームの有り様はとてもいまの時代に沿うものだとおもっています。

ぜひ、お越しください。

開催日時 2019.12.9(月) 19:00-21:15
 
対象

・愛され必要とされる企業とは何かを考えたい・知りたい方
・中小企業、小規模事業者、創業希望者
・不透明で不確実性の高まるこれからの時代を生き抜いていくために必要なことはなにかを考えたい方

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(NPO法人soar代表理事・ウェブメディア「soar」編集長)
工藤 瑞穂さん

1984年青森県生まれ。宮城教育大学卒、青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。仙台の日本赤十字社で勤務中、東日本大震災を経験。震災後、「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくる。2015年12月より、社会的マイノリティの人々の可能性を広げる活動に焦点を当てたメディア「soar」をオープン。2017年1月に「NPO法人soar」を設立。イベント開催、リサーチプロジェクトなど様々なアプローチで、全ての人が自分の持つ可能性を発揮して生きていける未来づくりを目指している。
http://soar-world.com/

ファシリテーター(fascinate株式会社 代表取締役社長)
但馬 武 さん

パタゴニア日本支社にてダイレクトマーケティング部門統括を中心に19年勤務。2017年より地域活性化を展開するエーゼロ株式会社に役員として参画後に、最愛ブランド戦略を企業に広げるfascinate株式会社を創業。 立教大学21世紀社会デザイン研究科研究員。長野県立大学ソーシャルイノベーション創出センターアドバイザー。京都市ソーシャルイノベーション研修所フェロー。