close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 サロン ,少人数

満員御礼【参加者限定】第115回TIP*Sワイガヤサロン「激突!ロジカル経営対アーティスティック経営」

満員御礼

2020.2.25 (火) 19:00-21:00
 

「ワイガヤサロン@TIP*S」は、各回ビジネスに関連するテーマを設定し、少人数で気軽にワイワイガヤガヤ語り合いながら情報交換を行う会合です!

TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

※参加者限定のイベントです。こちらはTIP*Sの主催するワークショップに複数回ご参加いただいた方のうち対象となる方にメールでご連絡させていただいております。

◆「ワイガヤサロン@TIP*S」とは◆
各回ビジネスに関連するテーマを設定し、少人数で気軽にワイワイガヤガヤ語り合いながら情報交換を行う会合です!想定しない気づきがもらえるほか、幅広い方がお越しになるので、新たなつながりも生まれる会です。どの回も専門知識は不要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以前開催した2回も大人気だったテーマ「激突! ロジカル経営対アーティスティック経営」というテーマで今回も雑談を開催したいと思います。

この数十年間、日本のビジネス・スクールでは一貫して、ロジカルに物事を考えることが優先され、ビジネスマンはさまざまなフレームワークを学ぶことを余儀なくされてきました。
その結果、ロジカル・シンキング(論理的思考)はビジネスマンの嗜みとされ、企業内の組織はそれに基づき、さまざま提案をし続けてきました。創業スクールにおいても、事業戦略・マーケティング・財務等がカリキュラムに組み込まれ、論理的に自らのビジネスを考えるという方針が多数派でした。

しかし、最近、これらの論理的思考の限界を唱えるビジネス・パーソンが増えてきました。
確かに、顧客の声をただ論理的に分析するだけでは、同質的な製品しか作れない…という話はよく耳にします。市場から収集した同じような顧客の声を論理的に分析していけば、つまるところ、誰がやっても結果は似たようなものになってしまう…世の中に似たような製品やサービスがあふれるのは、論理的思考によるものだという考え方です。論理は模倣することができてしまうという理屈ですね。

これに対し、模倣が難しいのが、感性や芸術の世界。簡単には他社のやりかたを模倣することはできません。
それゆえ、これらを経営やビジネスに応用していけば、他社が模倣できない世界でたった一つだけの戦略を作り上げることができるというわけです。
こうした考え方が普及するにつれ、昨今、ビジネススクールの教材にも変化が生まれています。経営学や財務論に関する書籍ではなく、哲学、歴史、宗教、芸術に関する書籍が課題図書として取り上げられるようになってきたのです。

三宅秀道さんの『新しい市場の作り方』、山口周さんの『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~』といった本がベストセラーになる時代。
今こそ問います! 「ロジスティックな方法ばかりでよいのか? アーティスティックな手法も導入したほうがいいのでは?」…!!

議案(候補ですが)は下記の通りです。
① ロジカルに物事を考えることの長所
② ロジカル・シンキングの成功事例
③ ロジカル・シンキングの限界やデメリット
④ アーティスティックな経営手法とはどのようなものなのか
⑤ アーティスティックに経営を考えることのメリット
⑥ アーティスティック経営のデメリットやリスク
⑦ あなたはどちら派? ロジカル派vs.アート派
⑧ ロジカル派の方にすすめるこの一冊
⑨ アーティスティック経営の学び方

ただし、実際には、当日集まった皆さんに最初に
① 自己紹介
② 本日のサロンで皆さんに聴きたい課題やテーマ
を伺いますので、それに従ってゆるやかに進行してまいります。

当日はインターネットにつなぎ、関連するページをプロジェクタで視聴できるようにしておきます。
いろいろな情報を投影しながら、ワイガヤしましょう。

※お申込み方法は、参加対象の方にお送りしたメールに記載しております。

開催日時 2020.2.25(火) 19:00-21:00
 
対象

・TIP*S事務局よりメールで第115回ワイガヤサロンのご案内させていただいた方

定員 3名
参加費 無料
持ち物