close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 オンライン ,グラレコ

満員御礼【オンライン開催】<トライアル企画>「グラレコでちょっと描く+対話して深める」ワークショップ ~新型コロナの影響で自身や社会がどう変わったか、そしてこれから~

開催終了

2020.5.15 (金) 19:00-21:00
 
オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨) ※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですが、ワークショップの構成上、スマホでの参加はできません。

イベント説明

※おかげさまで大幅に定員を上回るお申込みをいただいたため、キャンセル待ちとさせていただきます。

※オンラインでの開催です。

TIP*Sでは、これまで定期的にグラフィックレコーディング(グラレコ)の講座を開催してきました。そして、参加くださった方の多くが、グラレコの楽しさ・奥深さを体感し、実際の仕事や活動で使ってくださっています。

この文章を読んでおられる方の中には、家にいることの多いこの機会に、
「せっかくだからグラレコをやってみたい」
「もっとグラレコを描きたい」
「一人で描くのではなく、人と一緒に対話しながら描きたい」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ということで、グラレコを活用した対話型ワークショップをオンラインで開催することにしました!

対話のテーマは、「新型コロナウイルスの影響による社会や自分の変化の現在、そしてこれから」。
今、新型コロナウイルスの影響で、誰しもが社会の変化はもちろんのこと、ご自身の中で何かしらかの変化を感じておられると思います。
今起きていることを機に、自分自身や社会について起きたこと・変わったことについて、対話しながら振り返り、現在の自身を「描く」ことで現状を可視化・客観視していきます。そのうえで、次のアクションをさらに対話しながら考えていきます。

現状を客観的に振り返りたい方、グラレコを描きたい方どちらも大歓迎です!
初心者の方も大歓迎です!
(グラレコの基本的な書き方を最初にレクチャーします)
ぜひお気軽にご参加ください。

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですが、ワークショップの構成上、スマホでの参加はできません。
※アクセスURLは後日メールにてお送りいたします。

プログラム

(予定)
・チェックイン&・自己紹介
・グラレコレクチャー
基本的な図形を描く
コロナの影響により変化した現在の自身を描く
・対話セッション(複数回)
・感想&質疑

開催日時 2020.5.15(金) 19:00-21:00
 
対象

・グラレコを描きたい+対話をしたい方
・グラレコに関心があり、話しながらちょっと描いてみたい方(初心者の方歓迎)
・新型コロナウイルス感染拡大のコロナ、自分自身の変化を振り返りたい方。今後の在り方を考えアクションにつなげていきたい方
※安心安全・フラットな場をつくるため、個人の問題意識や自社(中小企業)の視点でご参加いただける方に限らせていただきます。オンライン講座・ワークショップ運営の参考として参加いただくことはご遠慮ください。(参加目的を確認させていただくことがありますのでご了承ください。)

定員 20名
参加費 無料(今回のみ)
持ち物 A4の紙数枚、ペン(なるべく太くて濃いもの)
講師(グラフィックコミュニケータ/中小機構人材支援アドバイザー)
本園 大介 氏

大手通信関連会社に勤務しながら、独学でグラフィック・レコーディング(グラレコ)を学ぶ。自らイベントでグラレコを描く傍ら講座を開催し、今までに延べ500名を超える受講生を教える。受講生の中からグラフィック・レコーダーとして活躍する人が生まれるなど、人材育成にも力を注ぐ。