close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等

【満員御礼】with コロナの社会・産業シナリオを想像し可視化することで、ビジネスや人生のチャンスにつなげよう!

満員御礼

2020.8.17 (月) 19:00-22:00
 
TIP*S 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル6F 611区

イベント説明

※定員を超えるお申込みをいただいたため、キャンセル待ちとさせていただきます。

※丸の内TIP*Sでの開催です。開催日の状況によりオンライン開催となる場合がありますのでご了承ください。

世界では、コロナ感染は留まるところを知らず、コロナ感染の第二波が日本に到来し、なかなか波は治りません。Withコロナの世界が、そろそろ半年経とうとする中で、飲食店、小売業の撤退、大手旅行業者の倒産など産業界への影響も明らかになってきています。

産業構造や社会構造に本格的にインパクトを与えるこのコロナ禍、今後、社会や産業はどのように変わっていき、そこには、どんなビジネスチャンス、生き方のチャンスがあるでしょうか?

例えば、「シン・二ホン」の著者・安宅和人さんは、自身のブログ記事で、これまで少なくとも数千年に渡って人類が進めてきた「密閉(closed)×密(dense)」な価値創造と逆に、「開放(open)×疎(sparse)」に向かうかなり強いトレンドが生まれる…「開疎化」を社会の方向性として提唱し、具体的に社会の変化を描いています。

(参考:https://kaz-ataka.hatenablog.com/entry/2020/04/04/190643

3密を避ける環境づくりが進みだし、地方移住する・考える人が増えるなど、当てはまるところが多々あるようにも感じます。

不確実で予測不可能な世の中でも、このようにプロセスで起こりうる(could happen変化の要素を設定し、さらにそのさきの未来を具体的に想像/妄想することで、かなり今と違う世界が見えてきます。そこにビジネスチャンス、人生のチャンスを見出すこともできるでしょう。このようなプロセスは、「シナリオプランニング」とも呼ばれ、ロイヤル・シェルダッチ石油の戦略策定や、南アフリカの人種隔離政策以後の社会作りに活用されてきました。(実際のシナリオプランニングは、本格的にやるとかなり時間がかかります。)

そこで、今回はシナリオプランニングのプロセスを踏まえて、起こりうる社会や産業の変化の要素を洗い出し、その先の未来を想像することで、自分が持ちうるチャンスを見つけ、アクティブに活動していくタネを持ち帰りましょう!

【参加者の皆様へお願い】
・手洗いやうがいの励行、マスク着用と咳エチケットをお願いします。マスクをご持参ください。
・受付で検温を実施しますのでご協力ください。(非接触体温計)
他こちらを必ずご確認の上ご参加ください→「新型コロナウイルス感染症対策について

プログラム

(予定)
・チェックイン・導入 
・既に起こった社会や産業の変化を示す事例を洗い出し、ホワイトボードマッピング
 (例)zoom躍進、小麦粉増益、オンライン結婚式、衛生・検温製品の発達、医療界の変化
・起こりうる社会や産業の変化の要素のうち、影響の大きいテーマを探す 
 (例)開疎化?都会離れ?フリーランスの増加?教育のシステムの変化?
・決めたテーマで、「もし〜〜ならゲーム」どんなことが起こりそうか想像する
・起こりうる未来の印象的なシーンを絵で描いて発表する
・起こりうる未来を見ながら、自分が取り入れたいことを考える

開催日時 2020.8.17(月) 19:00-22:00
 
対象

・不確実な世の中でも、新たなチャンスをつかみ一歩踏み出したい方
・これから先の未来がどのようになるか考え、自分のアクションにつなげていきたい方
・シナリオプランニングのプロセスを体感したい方
・起業に関心のある方、起業希望者の方
・中小企業、小規模事業者の方

定員 20名
参加費 無料(今回限定)
持ち物
ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
丹羽 妙 氏

1987年生まれ。京都大学在学中、京都市主催プロジェクト創発型審議会「京都市未来まちづくり100人委員会」に参加。 これをきっかけに、場づくりの専門集団、NPO法人場とつながりラボhome's viに入り、ファシリテーターとなる。 現在は、株式会社ToBeings のコンサルタントとして、大企業の組織変革の支援を中心に、個性の輝く組織と社会づくりにむけ、企業、大学、市民活動など、様々な集団での意識変容とコミュニティ形成をサポート。プライベートでは、「拡張家族」を掲げるCIftメンバー。