close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

講座・イベント等 地域

満員御礼【オンライン開催】今だからこそ考える 新しい地域の閉じ方・開き方

開催終了

2020.9.2 (水) 19:00-21:00
 
オンライン開催(Zoom使用) ※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですがスマホでの参加はお勧めしません。

イベント説明

*このワークショップはオンライン開催となります。

TIP*Sでは、「地域」というキーワードで「ゲストと参加者」や「参加者同士」で対話を行うことによって、地域での働き方や暮らし、新たな関わりについて発見したり、地域での新たなアクションにつながる気付きやきっかけをつくっていきたいと考えています。

今回は、過去にTIP*Sにご登壇頂いて、これから始めようとしている活動やその試行錯誤などを語って頂いたゲストをお呼びして、その後の活動・動き・変化等についてお話を伺う「定点観測シリーズ」を開催いたします。記念すべき第1回目のコーディネーターは東京都文京区のbunkyo blanc店主、三文字昌也さんです。

三文字さんは、誰でも参加し関われる“都市と地域のデザイン”のあり方を模索する都市デザイナー。全国各地でリノベーションツアーを実施しながら、2年前に文京区に「ブランと泊まれる街のかど」bunkyo blancを立ち上げられています。
以来、地域から外国人までのあらゆる人に開かれた、ゲストハウス併設の居酒屋を運営され、2018年にはTIP*Sで開催の「第35回地域のサードプレイスを考える~」に御登壇いただいてお話を伺っていました。
ところが、2020年の新型コロナウイルス流行の影響で、やはり外国人旅行客は激減、今までのモデルをそのまま続けられない状況にもなっています。これを機に改めての大改装を検討・設計しているなど、新しい時代の「地域の場所」を作れないか、模索中とのことです。

そんな「bunkyo blanc」の現状と今後の展望のお話しを参考に、皆さんと対話しながら、「まちづくりモデル」の様々なヒントを見つけて行きたいと考えております。

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですが、スマホでの参加はおすすめしません。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

開催日時 2020.9.2(水) 19:00-21:00
 
対象

・まちづくりについて関心がある方
・地域活性化に関わりたい・関わっている人
・パラレルキャリアとして複業を考えている人
・これからの地域デザインについて関心がある方

定員 35名
参加費 無料
持ち物  
コーディネーター(合同会社流動商店 共同代表 / bunkyo blanc店主)
三文字 昌也 さん

1992年神奈川県生まれ、都市デザイナー・建築士。東京大学大学院都市デザイン研究室修士課程修了。現在も博士後期課程で都市計画史の研究を続けるかたわら、合同会社流動商店(http://ryudoshoten.tokyo)を起業、文京区を拠点に全国各地で都市と建築の空間設計、調査・計画策定、建築リノベーション、商店街計画等の事業を行っています。プロフィール(https://proff.io/p/3monji)