close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 本 ,読書会

満員御礼【オンライン開催】コロナ渦の今だからこそ読む「FACTFULNESS(ファクトフルネス) -10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣-」(超参加型読書会Active Book Dialogue)

開催終了

2020.9.9 (水) 19:00-21:30
 

Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使い、1冊の本を集まった全員で力を合わせ約1時間半で読破します。さらに、その学びのエッセンスを元に、ディスカッションで学びを深めます。

オンライン開催(Zoom使用) ※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですがスマホでの参加はお勧めしません。

イベント説明

※こちらの講座はオンライン開催で行います。

Active Book Dialogue(以下、ABD)というグループ読書法を使い、1冊の本を集まった全員で力を合わせて読破します。さらに、その学びのエッセンスを元に、ディスカッションで学びを深めます。

取り上げる本は、「FACTFULNESS(ファクトフルネス) -10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣-」。2019年の発売以降、ベストセラーを続けているこの本を、コロナ渦の中にいる今だからこそ、読む・読み直しませんか?

「FACTFULNESS」とは、簡単に説明すると「データや事実(ファクト)に基づいて、世界読み解く習慣」のこと。この本では、私たちが間違った事実を信じ込んでしまっている教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題などをテーマに、事実に基づく世界の正しい見方を紹介しています。

昨年の7月、この本でABD読書会を実施しているのですが、今回、再び取り上げます!

この本では、アフリカで感染症対策を行っていた医師である著者が、感染症の危機を前にすると人間が「恐れ」「焦り」「犯人探し」など10の本能に惑わされる様子を描いています。読むことで、このコロナ渦の中でなにが起きているのかを理解するとともに、データや事実にもとづき、世界を正しく読み解く習慣を持つことの重要性がわかります。

コロナ渦は全員が当事者。だからこそ、当事者の一人として、まだ読んでいない方はもちろん、もう既に読まれている方もこの機会に改めて一緒にこの本を読みませんか?そして、学んだ新しい見方をもとに、対話しながらさらに未来につながる学び・気づきを深めていきましょう!

<参考>10の本能と思い込み
・分断本能 「世界は分断されている」という思い込み
・ネガティブ本能 「世界がどんどん悪くなっている」という思い込み
・直線本能 「世界の人口はひたすら増える」という思い込み
・恐怖本能 「実は危険でないことを恐ろしい」と考えてしまう思い込み
・過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要」という思い込み
・パターン化本能 「ひとつの例にすべてがあてはまる」という思い込み
・宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
・単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
・犯人捜し本能 「だれかを責めれば物事は解決する」という思い込み
・焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

<今回の勉強会の教科書>

本著紹介:「FACTFULNESS(ファクトフルネス) -10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣-」(日経BP社 2019年)
ハンス・ロスリング他著 上杉 周作, 関 美和 訳

「ABD読書法とは?」

1冊の本には、アイデアのエッセンスがつまっています。ABD読書法はグループ読書法の一つで、1冊の本を集まった全員で力を合わせて読破します。さらに、その学びのエッセンスを元に、ディスカッションで学びを深めます。
このABD読書法は近年開発され、1人で読書するより遥かに短い時間で、より深く、より複合的視点でそのエッセンスを学ぶことのできる大変効果的な読書法です。

<特徴>
・1人の担当部分が短くなるので、本が苦手でも安心
・読んでその場でみんなと感動や学びを共有・交換できて楽しい
・共通言語をベースに話せるので、深い議論ができる
・インプットとアウトプットが同時にするので、記憶に残る
・達成感や一体感があって、参加者どうし仲良くなる
(参考)http://www.abd-abd.com/

【オンライン接続についての留意事項】

※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですが、スマホでの参加はおすすめしません。
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

プログラム

・オープニング
・コ・サマライズ(本を分担して読んでそれぞれ要約)
・プレゼンリレー(担当分をみんなで紹介し合う)
・対話(本について理解を深める)

開催日時 2020.9.9(水) 19:00-21:30
 
対象

・事実に基づく世界の正しい見方を学びたい方
・コロナ渦の中で自分なりの正しい見方を持ちたい方
・創業や新しいアクションを始める際に参考になるものの見方を学びたい方
・教育、貧困、環境、エネルギー、医療、人口問題等のテーマで違う見方を知りたい方
・書籍『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』に興味がある方
・ABD読書会に興味のある方

定員 20名
参加費 無料
持ち物 ※オンライン開催のため、本はご自身でご用意ください
ファシリテーター(中小機構人材支援アドバイザー)
丹羽 妙 氏

1987年生まれ。京都大学在学中、京都市主催プロジェクト創発型審議会「京都市未来まちづくり100人委員会」に参加。これをきっかけに、場づくりの専門集団、NPO法人場とつながりラボhome's viに入門、2013年当団体のファシリテーターとなる。個性の輝く組織と社会づくりにむけ、企業、大学、市民活動など、様々な組織での意識変容とコミュニティ形成をサポートしている。