close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等 SDGs ,ビジネス ,環境 ,社会課題

満員御礼【オンライン開催】第20回考える!「社会課題をビジネスで解決する」 ~環境NPOから株式会社を創業、生ごみ堆肥化ビジネスで年商1億円が視野に~

開催終了

2021.2.8 (月) 19:00-21:00
 

人気の社会課題をビジネスで解決するシリーズ、第20回はおしゃれなバッグ型コンポストで生ごみを堆肥化するコンポスト事業で環境問題の解決とビジネスを両立させているローカルフードサイクリング株式会社のたいら社長をゲストにお招きいたします!

オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨) ※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですがスマホでの参加はお勧めしません。

イベント説明

※このワークショップは対話型ワークショップです。参加者同士の対話も行いながら進めていきます。

社会が成熟するに伴い、社会課題はますます多様になり、求める解決策も多様化しています。TIP*S では、社会課題をビジネスで解決する企業に注目しています。そこで、さまざまな分野の社会課題をビジネスで解決する企業の経営者をお招きして、社会課題をビジネスで解決するには何が必要なのか・・そのヒントを参加者のみなさんと一緒に考えていきたいと思います。

第20回となる今回は、生ごみを堆肥化するコンポスト事業を展開するローカルフードサイクリング株式会社のたいら由以子社長をお招きします。

たいら社長が、20年以上続く特定非営利法人循環生活研究所での経験をベースに昨年1月に、ボーダレス・ジャパンのグループ会社として株式会社として福岡で創業しました。そして4月には単月黒字を達成、2年度目は年商1億円を目指しています。

提供している「LFCコンポスト」は中に堆肥が入っているとは思えないエコバッグのような可愛らしいバッグ型。この専用バッグもNPOで開発したペットボトルをリサイクルして制作したものです。
このコンポストバッグの中で生ごみを堆肥化して、電車に乗り堆肥を運ぶこともできるというお洒落なシステムはSDGsへの関心が高まるなか、自ら行動して参加する環境活動として注目されています。
環境意識の高い東京近郊に住む40代女性を中心に新たな顧客層の開拓に成功しています。都会は消費の中心で資源はないように思うかもしれませんが、都会で発生するゴミは最大の資源になるのです。

昨年11月には生活情報誌「オレンジページ」と包括連携協定を締結しました。
家庭から出る生ごみを自治体のゴミ収集に出せば、焼却され環境に負担をかけます。しかし、家庭で堆肥にし、庭やベランダで無農薬で野菜や花を育てれば、焼却による環境負荷が削減された上に、野菜や花を自家消費する生産者となることも可能です。

しかし、これに成功するには、多くの課題があり、それを乗り越えるには多くのノウハウが必要です。そこで生ごみの堆肥化に必要なものだけでなく、LINEで気軽にコンポストについて相談できるなど、ソフト面の支援をサブスクリプション方式で提供するビジネスモデルとなっています。一部の業務をNPOに業務委託することで、双方の経営に貢献する相乗効果も出ています。

環境問題に真正面から取り組みビジネスとして成功しているたいら社長のお話をおききし、一緒に社会課題解決とビジネスの両立について考えませんか。

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

開催日時 2021.2.8(月) 19:00-21:00
 
対象

・社会課題をビジネスの視点で解決したい/ビジネスで社会課題を解決したい中小企業、小規模事業者、創業希望者
・環境問題、SDGsに関心のあるみなさま、自治体関係者

定員 45名
参加費 無料
持ち物  
ゲスト(ローカルフードサイクリング株式会社 代表取締役)
たいら 由以子 さん

福岡市生まれ。大学を卒業後、証券会社に勤務。平成9年コンポスト活動開始、平成16年、NPO法人循環生活研究所を設立、国内外にコンポストを普及。生ごみ資源100研究会を主宰、循環生活研究所理事、コンポストトレーナー、NPO法人日本環境ボランティアネットワーク理事など務める。

コーディネーター(電気通信大学 産学官連携センター 客員教授)
竹内 利明 氏

1976年青山学院大学理工学部経営工学科卒業
自動車部品会社勤務を経て
2000年電気通信大学産学官連携センター客員助教授、特任教授を経て現在客員教授
2000年~「ビジネス支援図書館推進協議会」設立に参画して会長
2006年創業ベンチャー国民フォーラム起業支援家奨励賞
2012年電気通信大学優秀教員賞(教育関係)
2014年「人を大切にする経営学会」設立に参画して副会長