close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等

満員御礼【オンライン開催】シンプル図解でモヤモヤがスッキリ!5W5Hフレームワークの活用術〜ビジネスコンセプトを可視化し、対話を通じて高質化する〜

開催終了

2021.7.20 (火) 19:00-22:00
 
オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨) ※パソコン推奨です。タブレット・スマホでの参加はできません。

イベント説明

※好評につき、こちらのイベントはキャンセル待ちの状況となっております。ご了承ください。

※このワークショップは参加者同士の対話も行いながら進めていきます。

「三人寄れば文殊の知恵」と言われるように、個人で悩みを抱え込まず、他者からも客観的なアイデアを出してもらった方が、より高質な解決策にたどりつけることがあります。

しかし、自分自身の悩みが整理できず、モヤモヤした状態であると、他者に相談できなかった経験はありませんか? また、たとえ他者に相談できたとしても、他者から的外れなアイデアをもらってしまい、余計にモヤモヤしてしまった経験はないでしょうか?

今回の講座で講師を務める多部田さんは、小規模事業の開業を企画する人から「図解で私のビジネスコンセプトを整理して欲しい」との依頼が舞い込み、ビジネスコンセプトの可視化、そして、高質化をサポートすることを数多く実践してきました。

その取組みの積み重ねを通じて開発したのが「5W5Hフレームワーク」です。

この「5W5Hフレームワーク」とは、一般的なマーケティング論で使われる2C分析を誰でもわかりやすく「Who,When,Where,Why,What,Hurdle,Happy,How to,How much,How many」に分類した具体的なフレームワークです。

本講座では、この「5W5Hフレームワーク」を活用し、既存または新規ビジネスアイデアのコンセプトについて、自分自身の思考や想いを整理し、他者との対話を通じて、より高質化されたアイデアを共創するコツを学んでいただきます。

3時間と少し長丁場ではありますが、ビジネスややりたいことのアイデアをお持ちの方、この講座を通じて自分のやりたいことをすっきり明確にしませんか?

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレット・スマホでの参加はできません。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

プログラム

(予定)
・人はそれぞれ「物差し」が違う
・なぜ図解すると伝わるのか?
・協働するために必要な3つのプロセス
・5W5Hフレームワークの使い方
・個人ワーク、対面ワーク
・振り返り

開催日時 2021.7.20(火) 19:00-22:00
 
対象

・創業に関心のある方、創業希望者、新しいビジネスを考えている中小企業の方
・新しいビジネスアイデア等を可視化・高質化させたい方
・既存ビジネスを高質化したい方
※お申込みの際、自分のやりたいビジネス等アイデアをご記載いただきます。

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
<講師> 一般社団法人日本図解協会 代表理事 
多部田 憲彦 氏

早稲田大学商学部を卒業後、古河電気工業株式会社に入社。入社翌年、同社タイ工場生産管理業務の改善を任され、「図解」で現地スタッフに教育、指導を繰り返し6ヶ月で改善業務を完了させる。2007年に日産自動車株式会社へ転職し、ルノー日産共同購買本部リージョナル・サプライヤー・パフォーマンス・マネージャーとして海外のメンバーと協働する機会に恵まれる。
その一方、個人として図解を広める活動を開始。2010年から図解勉強会を主宰、2014年からは早稲田大学エクステンションセンター中野校で社会人向け講座の担当などを経て、2018年日産自動車を退職後、現職。
また、地元千葉県銚子市で観光大使を務め、図解で銚子の魅力を可視化する試みを進めている。2020年4月からは産業能率大学経営学部にて「図解で思考力を鍛える」「生産管理」の兼任教員。
著書に、『誰でもデキる人に見える 図解de仕事術』(明日香出版社)、『図で解りあえる技法ー人間関係からマーケティングまで使える8つのフレームワーク』(ソーシャルキャピタル)、『4種類のシンプル図解でコミュニケーションが変わる!「図解化」の技術 入門コース』(PHP研究所)がある。