close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等

【オンライン開催】<地域との関わり方>地域における「菌の人」とは?~ゲスト:株式会社 Co-Lab 共同代表 堀田 誉さん~

募集中

2022.7.13 (水) 19:00-21:00
 
オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨) ※パソコン推奨です。タブレットからの参加も可能ですがスマホでの参加はお勧めしません。

イベント説明

このワークショップは参加者同士の対話も行いながら進めていきます。

 

地域の関わり方をあらわす言葉として、「風の人」「土の人」はよく聞くことだと思います。地域の内外をつなげ、時間をかけてじっくり地域に関わっていく「菌の人」というあり方もあるのではないでしょうか。

今年度も引き続き、茨城にいる「菌の人」に着目し、地域の関わり方を考えていきたいと思います。

 

今回のゲストは、現在、茨城県つくば市などで組織・人材開発分野を軸にしたコンサルティング会社を経営されている堀田誉さんをお迎えします。

堀田さんは、就職した空港管理会社で周辺地域との共生の仕事に就いたことをきっかけに「地域社会のあり方」に関心を持たれ、公営法人の民営化を経験したことで「組織とは何か、経営とは何なのか」ということに関心をいだかれました。その後、「地域が活力を持つためには、地域の人材への支援が必要だ」という想いから、中小企業診断士の資格を取得し、経営管理業務にも従事されています。

経営者のサポートもされていた堀田さんですが、2013年にご自身が里山をテーマにした宿泊施設運営企業の代表となり、実際の経営の難しさも経験。しかし、その際に「地域資源の発掘やそれを磨きあげることの重要性と魅力」を実感されたそうです。

現在、地域に寄り添い、様々な人材や組織を支援する堀田さんの想いとアクションを伺うことで、参加者みなさんが新しい一歩を踏み出すきっかけになればと思います。創業希望者を応援したいという方々にとっても、今後の活動の力になるかと思います。

 

~コーディネーター・助川さんからのメッセージ~

堀田さんからは、地元茨城での創業・起業“経験”、資格を生かした創業・起業“支援”、そして、地域活の観光人材という視点での“場づくり”、この3つの視点でお話いただきます。地域や起業者に寄り添いながら人々をつなげ、業務や活動を進めている 堀田さんと一緒に「地域×創業」について考えてみませんか。

皆さんで対話しながら考えていきましょう。是非ご参加ください!

 

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレット等からも参加は可能ですがお勧めしません。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

プログラム

<予定>
・イントロダクション
・ゲストトーク
・参加者同士の対話、ゲストと参加者との対話
・ゲストとコーディネーターのトークセッション
・参加者同士の対話
・クロージング

開催日時 2022.7.13(水) 19:00-21:00
 
対象

・地域で起業したい、新しい活動をしたい方・し始めている方
・地域活性化に関わりたい・関わっている方
・地域とのかかわり方、つながりに関心のある方
・地域での人と人とのつながり・かかわりに関心のある方
・地域での場づくりやイベント運営や取り組みに関心のある方
・地域で活動する人を応援したい方(自治体、支援機関の方)

定員 20名
参加費 無料
持ち物  
<ゲスト>株式会社Co-Lab 共同代表/中小企業診断士/キャリアコンサルタント/成蹊大学経済学部非常勤講師
堀田 誉 氏

2001年 筑波大学第一学群自然学類(地球科学専攻)卒業
成田国際空港株式会社にて、顧客サービス業務、周辺地域対策業務、財務経理業務、経営管理業務、株式実務を経験。その過程において、公営法人の民営化を経験し、組織や企業の在りかたについて見つめ直す。
2007年 経済産業大臣登録中小企業診断士を取得。
2015年 株式会社里山ホテル取締役
2016年 いばらき観光マイスターS級認定。
2017年 株式会社Co-Lab共同代表(~現在)。
2018年 茨城県よろず支援拠点コーディネーター、茨城県6次産業化プランナー、キャリアコンサルタント(~現在)2021年 成蹊大学 経済学部 非常勤講師(~現在)
地域が活力を持つためには、地域の人材への支援が必要だとの思いから中小企業診断士を取得。
現在、建設会社(200名規模)の人事アドバイザー、観光ホテルの経営顧問(2社)、アウトドア分野の新規事業開発支援などに従事するほか、研修講師としてポリテクセンター茨城、水戸商工会議所、職業能力開発協会、茨城県観光物産協会(おもてなし講座)、水戸市(国体ボランティア向けおもてなし講座)などでセミナー講師を務める。
いばらき観光マイスターS級として、おもてなしや観光魅力の向上にかかる企業支援、行政の地方創成事業支援のほか、地方創生関連行事のモデレーター、ファシリテーターも行っている。

<コーディネーター>茨城県職員・中小企業診断士
助川 達也 氏

県職員のかたわら、人と人とのネットワークづくりや、歴史と地形から紐解くまちの成り立ち考察などをライフ ワークに、ネオ茨城県人会、茨城のまち歩き&学習会、ブラタ○リごっこ等の活動を企画し実践。
著書『公務員のための場づくりのすすめ』(公職研)を4月に発刊。