close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等

満員御礼!【オンライン開催】<地域との関わり方> 農家の右腕と描く 社会課題へのアプローチ  ゲスト:ファームサイド株式会社  佐川 友彦さん

開催終了

2022.8.29 (月) 19:00-21:00
 
オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨) ※パソコン推奨です。タブレット等からも参加は可能ですがお勧めしません。

イベント説明

※このワークショップは参加者同士の対話も行いながら進めていきます。

 

TIP*Sの「地域との関わり方」シリーズでは、「地域」というキーワードで「ゲストと参加者」や「参加者同士」で対話を行うことによって、参加者の働き方や暮らし方が整理され、地域との新たな関わり方が見つかったり、地域での新たなアクションにつながる気付きやきっかけになるような場をつくっています。

地域との関わり方・栃木編では、栃木県小山市の一般社団法人カゼトツチの古河大輔さんのコーディネートで、地域をフィールドに様々な取り組みを行う方々をゲストに招き、その活動や取り組みに込められた想いや背景に触れていただきます。

 

今回のテーマは「農業」。栃木県宇都宮市を拠点に農家の経営改善を全国に展開しているファームサイド株式会社の佐川友彦さんをゲストにお迎えします。

 

群馬県出身の佐川さんは、都内で大学生活を過ごし、就職を機に宇都宮へ。大手外資系企業にて研究開発に取り組んだ後、栃木県で面白い取り組みに関わりたいと、「家業から事業」への転換を目指す阿部梨園にインターンとして参画。農家の右腕として100件の小さい業務改善に取り組みました。活動を通して農家が抱える課題に直面すると同時に大きなポテンシャルを実感し、阿部梨園に正式合流。会計や労務、経営管理からデザイン、広報PRまで担い、畑に出ない司令塔として500の業務改善と事業の推進に注力してきました。

良い作物を育てることに情熱を注ぎ、高い生産技術をもつ園主が一人で担ってきた経営の部分を、多彩なスキルをもつ佐川さんが役割を分担し受け持つことで、組織の改善や生産の向上につながっていきました。

こうした生産以外の実務についての情報を欲している農家は多いのでは?と、クラウドファンディングを実施したところ、全国の農業関係者から大きな反響を得てサクセスし、業務改善のノウハウがつまったwebサイト「阿部梨園の知恵袋」を立ち上げ、無料公開しています。

こうした経験を経て、チャレンジを続けている農家を支えるため、ファームサイド株式会社を立ち上げ、講演や勉強会の開催のほか、経営支援、コンサルティング、ナレッジのオープンソース化など多岐に渡る活動を行っています。

 

佐川さんの取り組みに触れ、農業の課題とポテンシャル、これからの農業経営、課題解決への向き合い方など様々なトピックについて、ゲストや参加者で一緒に考え、みなさんの新しいアクションにつながる場にしていきます。

テーマやゲストについて興味・関心ある方は、ぜひご参加ください!

 

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレット等からも参加は可能ですがお勧めしません。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

プログラム

<予定>
・イントロダクション/チェックイン
・ゲストトーク
・コーディネーターとのトークセッション
・グループト−ク

開催日時 2022.8.29(月) 19:00-21:00
 
対象

・地域での起業・複業を考えている人
・地域の課題解決に関わりたい・関わっている人
・農業分野での起業に興味がある人
・地域での人と人との関わりやつながりに興味がある人

定員 65名
参加費 無料
持ち物  
<ゲスト> ファームサイド株式会社 代表取締役/農家の右腕
佐川 友彦 氏

東京大学農学部、同修士卒。外資系企業を経て2014年より阿部梨園に参画。代表阿部の右腕業を務め、生産に携わらず、経営管理、会計、労務などバックオフィスを整備。ブランディングや広報、販売など営業面も担った。大小500件の業務改善を実施し、小規模ながらスマート経営を実現した。その改善ノウハウを「阿部梨園の知恵袋」としてオンラインで無料公開している。 現在はファームサイド株式会社を起業し、講演活動や経営支援で各地を周り、農家の経営改善運動を全国へ展開中。現場への深い理解には定評があり、クリエイティブで本質的な課題解決を本領とする。著書『東大卒、農家の右腕になる。小さな経営改善ノウハウ100』(ダイヤモンド社)

<コーディネーター> 一般社団法人カゼトツチ 代表理事・NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク 理事
古河 大輔 氏

栃木県小山市出身。様々な地域を転々とした後、地元へUターン。若者と地域をつなぐNPOで地域の課題解決と挑戦する若者たちの生態系づくりに取り組む。地域のソーシャルアクションをみんなで面白がる「おやま妄想会議」や、商店街の空き店舗を改修したコワーキングスペース「SEKEN」を運営するなど、仲間たちと地域に必要なことや地域を楽しむことをあれこれと企てている。