close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

テーマから検索

講座・イベント等

【オンライン開催】<地域との関わり方>農業からはじまる地域の循環―地域商社が目指すまちの未来 ゲスト:Sunフーズ株式会社 代表取締役 栗原 宏さん

募集中

2022.12.9 (金) 19:00-21:00
オンライン開催(Zoom使用) オンライン開催(Zoom使用・パソコン推奨)

イベント説明

このワークショップは参加者同士の対話も行いながら進めていきます。

 

TIP*Sの「地域との関わり方」シリーズでは、「地域」というキーワードで「ゲストと参加者」や「参加者同士」で対話を行うことによって、参加者の働き方や暮らし方が整理され、地域との新たな関わり方が見つかったり、地域での新たなアクションにつながる気付きやきっかけになるような場をつくっています。

地域との関わり方・栃木編では、栃木県小山市の一般社団法人カゼトツチの古河大輔さんのコーディネートで、地域をフィールドに様々な取り組みを行う方々をゲストに招き、その活動や取り組みに込められた想いや背景に触れていただきます。

 

今回のテーマは「農業と循環」です。

国連加盟193か国が2030年までに達成するために掲げた目標・「SDGs」(「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))。今やこのSDGsの課題には多くの日本企業が取り組んでいます。

今回のゲストは、農業に携わる方々との出会いや地域の現状を目の当たりにしたことで、現状を打破しようと挑戦を続ける、栃木県小山市のSunフーズ株式会社・代表取締役 栗原宏さんです。

栗原さんは、2008年野菜の卸売販売事業をメインに起業し、その後提携農家さんの旬な野菜を生かしたお惣菜やお弁当を提供するおかずや事業、小山市から指定管理を受けて運営している、まちの駅「思季彩館」にて地域ブランドの商品や地元野菜の販売、さらには地域の事業者を巻き込んだイベントを行うなど、ビジネスの幅を広げています。

 

栃木県は、全国でも有数の麦の生産地として有名で、二条大麦は生産量が全国第2位を誇り、小山市を代表する生産物でもあります。高い品質が求められるビール大麦として、100年以上も昔から大手ビール会社との契約生産が行われていますが、規格外の大麦は家畜の飼料、それでも余ったものは産廃されてしまっている現実もあります。

「せっかく、作っているのにもったいない」

「小山市の二条大麦をもっと知ってもらいたい」

栗原さんは、それらの破棄や安価な価格で売られてしまう生産物を買い取り、ビールにすることで小山市の魅力をより多くの人に知ってもらうきっかけにしようとクラフトビール事業も立ち上げました。

その他、2022年春には新たに農業法人を立ち上げ、放置された空き地でもち米を生産し、そのもち米でおかきを製造販売しています。更に障がい者の就労支援を行う会社も設立し、就労支援A型で契約されている方々におかきの製造に関わってもらうなど、農福連携での取り組みも行っています。本質的な商品の付加価値を理解し、販売してくれるお店や消費者に販売することで労働に見合った賃金を支払えるという循環も生まれています。

飾らない明るいお人柄の栗原さんのお店には日頃から地域の人が自然と集まり社交場となっているそうです。

元々、住宅メーカーで営業をされており、若くしてトップセールスマンとなるほどの敏腕営業マンだった栗原さんが、「なぜ直売所で70円のほうれん草売ろうと思ったのか?」など、栗原さんの起業のきっかけなども伺っていきたいと思います。

 

地域との関わり方を模索していらっしゃる方はぜひご参加ください。お待ちしております!

 

【オンライン接続についての留意事項】
※安心安全な場づくりのため、Zoomの画面オフでの参加はご遠慮ください。
※パソコン推奨です。タブレット等からも参加は可能ですがお勧めしません。
※アクセスする際は通信の安定しているところから接続ください。
※アクセスURLは開催前日までに(info-tips@smrj.go.jp)からメールにてお送りいたします。

プログラム

<予定プログラム>:
・イントロダクション/チェックイン
・ゲストトーク
・コーディネーターによるトークセッション
・グループワーク

開催日時 2022.12.9(金) 19:00-21:00
対象

・地域での起業・複業を考えている人
・地域の課題解決に関わりたい・関わっている人
・循環型社会システムでの起業に興味がある人
・地域での人と人との関わりやつながりに興味がある人

定員 40名
参加費 無料
持ち物 なし
<ゲスト> Sunフーズ株式会社 代表取締役 
栗原 宏 さん

栃木県栃木市出身。大学卒業後首都圏の企業で働いたあとUターン。大手住宅メーカーに勤務し、営業職として全国No.1の成績をおさめたことも。2008年に当時の同僚や部下と3人でSunフーズを創業。野菜の卸売やまちの駅「思季彩館」の運営、小山市のはとむぎやお米などの農産品を活用したクラフトビール醸造所「808ブルワリー」など、事業は多岐に渡る。この春からは、野菜の栽培や農福連携の事業行う会社を新たに2社立ち上げるなど、活動の幅を広げている。

<コーディネーター> 一般社団法人カゼトツチ 代表理事・NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク 理事
古河 大輔 さん

栃木県小山市出身。様々な地域を転々とした後、地元へUターン。若者と地域をつなぐNPOで地域の課題解決と挑戦する若者たちの生態系づくりに取り組む。
地域のソーシャルアクションをみんなで面白がる「おやま妄想会議」や、商店街の空き店舗を改修したコワーキングスペース「SEKEN」を運営するなど、仲間たちと地域に必要なことや地域を楽しむことをあれこれと企てている。