close

TIP*S(ティップス)は、中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)が運営する全国の中小企業や小規模事業者、起業に関心がある方などのための場所です。さまざまなワークショップや講座、イベントなどを実施しています。

WIGAYA SALON

ワイガヤサロン

正解がない雑談だからこそ気づく、行動につながる新たな視点

WIGAYA SALON

ワイガヤサロンとは

「ワイガヤサロン@TIP*S」は、各回ビジネスに関連するテーマを設定し、6名~8名程度で気軽にワイワイガヤガヤ語り合いながら情報交換を行う招待制会合です! 誰かが講義するわけでもなく、予め設定されていた結論や正解があるわけでもありません。あるときは世の中や社会について論じ、またあるときはビジネスの理論や技法について話し合います。 議論は苦手だけど、雑談なら楽しみたいな…という方に最適です。ファシリテーターも、その役割を忘れ、雑談に没頭してしまうことしばし…というちょっと不思議な「場」。 正解がない雑談だからこそ気づく、実際の行動につながる新たな視点を得られる2時間です。

ファシリテーター:人材支援アドバイザー 竹永 亮 氏

今後の開催予定(スケジュール)

開催日時:5月8日(金) 19:00〜21:00

テーマ「コロナに負けない事業継続のための知恵と工夫」

BCP(事業継続計画)とは、企業が緊急事態に直面した場合に、事業資産の損害を最小限にとどめながら、メインとなる事業の継続や、早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

今回はすでに「平常時」ではなく、「非常時」に入ってしまっていますので、本来の意味でのBCPではありませんが、コロナという突然の外部環境の変化に、私達はビジネス上どのような知恵を駆使し、工夫し、これを乗り越えるべきかは、語るべき価値あるテーマだと考えます。

開催レビュー

【第117回】ワイガヤサロン@TIP*S「コロナに負けない事業継続のための知恵と工夫」ファシリテーター・レビュー

2020年5月8日

今回は、「コロナに負けない事業継続のための知恵と工夫」というテーマでサロンをオンラインで開催しました。
参加者のみなさんから、話したいテーマを出していただき、ざっくばらんに語り合っていきます。

今や、さまざまな企業や組織が短期間のうちにWebを使ったコミュニケーションに順応しようとしています。
しかし、未だにそういった動きに適応しようとしない方々も多い。そういった「遅滞者」を巻き込むにはどのような方法があるかという議論が最初にでました。これについてはかなり具体的な方法論が飛び出しました。

リモートワークを実りあるものにするための方法についても活発な意見交換ができました。単に仕事を自宅に持ち込むだけでは、「革命」とはいえない…「幸せになってこそコロナへの勝利であり、革命ではないか」という議論です。日常生活をいかに深く考え、行動し、変化を楽しむか…が鍵ではないかという意見が印象的でした。

「裁判の停止」についても疑問の声があがりました。立法と行政が奮闘しているにもかかわらず、司法は停止…これでいいのか?という問いかけです。「知らなかった」「もっとマスコミにも報じてほしい」という声も上がった議題でした。

尽きることのないコロナ後の世界に対する仮説と予想。続きが気になります。
次回も、オンラインで開催を予定しています!